釣りと魚料理
by abukamo
カテゴリ
全体
はじめに
あぶかもについて
釣り
魚料理
料理ノート
おしらせ
カテゴリなし
以前の記事
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
more...
タグ
(70)
(30)
(28)
(26)
(25)
(25)
(25)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(15)
(14)
(13)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)
(1)
検索
最新のトラックバック
炙りしめサバ寿司
from イルンに居るんデス
あぶかもさんちのカツオ料理。
from エーゲ海のひとりごと。
ここ最近食べていたもの。
from 酒とコーギーと男と女
イカと格闘!!
from 小確幸探し
鯖寿司
from 旦那の夕餉
海鮮シュウマイの夜。
from なまけものってすごい......
パスタVOL..2
from パスタ
神茂のおでん
from 酒とコーギーと男と女
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
フォロー中のブログ
OKANの素
酒とコーギーと男と女
おかしな生活
HanaTayori
60年後のロミオとジュリエット
プランタゴな毎日 pla...
美しき因果応報
三文釣師の釣行記とか
ツジメシ。プロダクトデザ...
続*ジャスミンの料理手帖 
en´s Active...
旦那の夕餉
エーゲ海のひとりごと。
外部リンク
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
マダラとマッシュポテトの揚げ物
d0143592_5471430.jpg
photo:だんな

 昨年に引き続き、おいしい玉ねぎとじゃがいもがたっぷり届いたのは先月のこと。友人の母上が熊本の宇城市で栽培されたもので、玉ねぎは果物のように甘く、じゃがいももほくほくで甘くて味が濃い。毎日食べる基本的な野菜がおいしいのは、本当に幸せなことだと思う。

 一方、calmさんにいただいたマダラは洋風にも和風にも合う素材。蒸しても焼いても揚げても美味。洋風ならフライやソテー、グラタン、パピヨット、トマトソースを合わせてパスタの具にしてもいい。

d0143592_3513528.jpg タラとじゃがいもの組み合わせで思いつくのは、高山なおみさんの塩ダラとじゃがいものグラタンやコロッケ。塩ダラのペーストを作れば、じゃがいもと合わせた料理が色々作れそうなのだが、せっかくの生のマダラを塩ダラにするのももったいない。
 あちこち検索して見つけたのは、「鱈とマッシュポテトの揚げ物」のレシピ。簡単そうで、材料もシンプルなので作ってみた。

→レシピはこちら

 ブイヨンで煮たタラの身と、茹でてつぶしたじゃがいも、卵黄を合わせ、泡立てた卵白を加える。これをそのままスプーンですくい、油に落として揚げるだけ。

 揚げたてにインドネシアのサンバルソースを添えてみた。味付けがシンプルなので、甘くて辛いサンバルソースはよく合う。

 見た目はナゲットのような感じだが、食べるとフワフワで、衣をつけないコロッケのような感じ。淡白なタラとじゃがいも、卵はよく合う組み合わせだ。玉ねぎのみじん切りを入れても良かったかも。

 ただ、衣をつけないだけに、低い温度で揚げると油を吸ってかなりオイリーになる。じっくり揚げる必要はないので、やや高温で短時間に色づくように揚げたほうが良いだろう。
by abukamo | 2009-08-15 05:48 | 魚料理 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://abukamo.exblog.jp/tb/10104646
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by calm at 2009-08-15 22:22 x
レパートリーが広いですねー!
サンバルソースなるものが家にあるのが凄いです(^^)。
前のじゃっぱ汁と、このナゲットのレシピはかみさんに見せて参考にしてもらいます。

ブイヨンで煮てほぐしてナゲットにするってのは、わたしなんか思いつかない感覚だなー。
身がほぐれやすいタラの身質をうまく利用した料理ですね。
Commented by abukamo at 2009-08-16 02:29
>calmさん

マギーさんのサイトそのままのレシピなので、えらそうに記事にする
のも何なのですが…^^;
サンバルソースはインドネシア人の釣友Mさんにいただいたものです。
これがあると、アジアンな味になるので便利ですね。
モルディブにも売ってて、だんながGT遠征の際はよく買ってきてました。

ブイヨンで煮てほぐして…というのは、わたしもはじめての調理法でした。
実はマギーブイヨンではなく、野菜ブイヨンを使ったのですが、大丈夫
でした(マギーさんごめんなさい^^;)
塩とワインふりかけて、電子レンジで蒸しても同じようにできると思います。
クリームコロッケの具にしても良さそうですね。
なんにしろ、タラは応用の効く魚だと思います。^^
Commented by サエモン at 2009-08-16 21:03 x
 マダラの落とし揚げは美味しいそうですね。

 タラはヨーロッパでもよく食べる魚で、イタリアでは
干し鱈を水で戻してから、このような料理にも使って
いました。
 揚げ物にケッチャップは、アメリカ臭くて今一ですが、
サンバルなら、アジアの香りで馴染めそうです。
さらに進めて、ナンプラーにチリビネガーを垂らして
パクチーの細々で食べたらどうでしょうか。青魚の
空揚げなんかにはとても合うのですけど。

 タラはこちらでは身近な魚で、鍋や汁でよく食べます
が、肝をアン肝風に仕上げるところが流石です。
今度やってみます。^^

Commented by abukamo at 2009-08-17 07:46
>サエモンさん

ナンプラー+チリビネガー+パクチー良いですね!
うちのだんなが好きそうなソースです。
干しタラの料理といえば、南仏のブランダードが有名ですが
イタリアでも使うんですね。ポルトガルの国民食でもあるとか。
癖がなくていろんな味に合うからでしょうか。

タラは甘塩のものを買って食べることも稀にありますが、
新鮮な釣りモノを大量に料理したのははじめて。
アラの汁もの、肝蒸しはほんとにおいしかったです。
塩をしたフィレを少し冷凍しているので、これはまた別の料理
にしようと思っています。^^
Commented by abukamo at 2009-08-17 07:51
↑のcakmさんへのコメントをちょっと修正。^^;

だんなによると、モルディブに売ってるのはサンバルではなくて
辛いケチャップだそうです。サンバルより甘みが強いとのこと。
わたしも10年前モルディブで(新婚旅行という名のGT合宿)
さんざん食べたはずですが、すでに忘却の彼方~^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< イサキのカルパッチョ マダラじゃっぱ汁・肝蒸し >>