釣りと魚料理
by abukamo
カテゴリ
全体
はじめに
あぶかもについて
釣り
魚料理
料理ノート
おしらせ
カテゴリなし
以前の記事
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
more...
タグ
(70)
(30)
(28)
(26)
(25)
(25)
(25)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(15)
(14)
(13)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)
(1)
検索
最新のトラックバック
炙りしめサバ寿司
from イルンに居るんデス
あぶかもさんちのカツオ料理。
from エーゲ海のひとりごと。
ここ最近食べていたもの。
from 酒とコーギーと男と女
イカと格闘!!
from 小確幸探し
鯖寿司
from 旦那の夕餉
海鮮シュウマイの夜。
from なまけものってすごい......
パスタVOL..2
from パスタ
神茂のおでん
from 酒とコーギーと男と女
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
フォロー中のブログ
OKANの素
酒とコーギーと男と女
おかしな生活
HanaTayori
60年後のロミオとジュリエット
プランタゴな毎日 pla...
美しき因果応報
三文釣師の釣行記とか
ツジメシ。プロダクトデザ...
続*ジャスミンの料理手帖 
en´s Active...
旦那の夕餉
エーゲ海のひとりごと。
外部リンク
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
博多 漁師料理の店「せいもん払い」
d0143592_8413776.jpg


d0143592_7253032.jpg 今回はちょっと趣向を変えて、博多のおいしいお店の紹介を。

 先週末、甥の結婚式のため博多へ帰省した。だんなも一緒。宿泊つき格安チケットだったので、一泊目は博多駅近くのホテル、結婚式後の二泊目は実家へ。

 金曜日の夜、博多に着いて、さてどこで晩御飯を食べようか。そういえば数年前から気になりつつ、まだ行ってない店がこの近くにあるよ。上川端商店街の「せいもん払い」。7月の山笠の時期にトコリーナさんも行ったという、あの店である。
 本来、せいもん払いとは11月末、年末商戦のちょっと前に上川端や新天町など博多の商店街で行われる昔ながらの安売りセールである。漁師料理の店「せいもん払い」はその商店の祭を店名にした居酒屋だ。

 とにかく行ってみるべし。店はホテルから徒歩10分程度、7月に帰省したときに山笠で行った櫛田神社のすぐ近くである。「櫛田のやきもち」を右手に見ながら上川端商店街に入って数十メートル行くと、右手にあった。
 店構えはいたって普通。人気店らしいが、運よく並ばずに入れた。が、我々が入ったあとはずっと満席だったので、予約したほうが確実かもしれない(ただし予約できるのは17時から18時30分まで入店のみ)。

 メニューを見せてもらう。と、値段がどこにも書いてない。いわゆる時価、というやつである。ひぇーどうしよう!わたしらいつも明朗会計の店ばっかりで、そういうシステムにゃ慣れてないよ。何をどう注文したら良いかさっぱりわからず、注文を取りに来たお兄さんに思わず

 「ざざざざざる豆腐ひとつ!」(ビビりすぎ)

 あと、自家製丸天と椎茸の焼いたの、串焼き色々、とみみっちく注文するわたしに業を煮やしただんな。堂々と胸を張り「アラのアラ煮はいくら?」と尋ねる。ちょっと待ってください、と一旦ひっこんだお兄さんが戻ってきて「4千円です」。だんなはやや小さい声で「じゃ、天ぷら盛り合わせね」(おいおい)

d0143592_8354958.jpg 隣の席には着物姿の中州のホステスさんとそのお客らしき男性。いわゆる同伴だろうか。ホステスさんの顔は見えなかったが、なんとなくたおやかな雰囲気が漂ってくる。しかし、お客のオヤジが高そうな料理を次々と注文するのを横眼で見つつ、心で「ちっ」と舌打ちをする我々であった。

 ざる豆腐は画像なし。おいしかったが、まぁ驚くほどでもない。ところが、次に来た自家製丸天。揚げたてアツアツに生姜醤油とマヨネーズが添えてある。ひとくち食べておおっ、と目を見開く。もちもちのふわふわ、味はやや甘めだがすこぶる美味しい。
 何を入れたらこんな食感になるのか、皆目見当もつかない。ほぼ落ち着いていたわたしの練りもの魂に再び火をつけられてしまった。

 次に来たのが串焼き(画像上から2番目)。漁師料理の店にして肉系の注文である。さほど期待はしていなかったが、これまた食べてびっくり。砂ズリ(砂肝)は歯触りさっくり、肝は表面だけさっと炙って中はほとんどレア状態、まったく臭みがない。この店はどうやらすべてのネタにこだわりがあるようだ。

 アラのアラ煮の代わりに頼んだ天ぷら盛り合わせ。これもネタが良い。どれを食べてもおいしかったが、タコの天ぷらは秀逸。大き目のマダコの足の太いところを、吸盤を残して皮を剥いて揚げてある。吸盤の食感がいい。

 やはり魚料理もひとつは頼んでみようと、ぶりカマの塩焼きを注文。格子に包丁目が入れてある皮はパリパリ、中はふわふわジューシー。脂もしつこくなく、後味さっぱり。焼き方もさすがに家庭の塩焼きとはまったく違う。大根おろしにはしらすがちょっぴり添えられていた。

 もうひとつ、だんなが是非にと頼んだのが鯛わた。鯛の胃袋の塩辛で、カツオの酒盗のような感じだが、上品な味わいである。かなり塩辛いが、旨味がたっぷり。これでお茶漬けなんて、最高だろう。家で作れそうなら、挑戦してみようかと思う。

 まぁ、こんな感じでおっかなびっくり注文したものをすべておいしく平らげた我々。ごちバトルさながら、ドキドキの支払いは…〆て9千円ほど(飲み物はビール、ウーロン茶のみ)。あれ?意外と普通かな。高い酒類もたくさん置いてあるので、豪勢に頼めば一人1万円程度か。博多の物価からすると高いが、関東あたりから来た人なら、まず損をした気にはならないだろう。たしかにこの店は地元の人より出張サラリーマン御用達、という感じだ。接待に使っても喜ばれるだろう。

d0143592_851235.jpg 店内は長細いスペースにカウンター席。奥と二階にも部屋があるようだ。特別洒落たつくりではないが、調理場ではねじり鉢巻きの若い板さんたちが威勢よく仕事をしていて活気がある。ショーケースには新鮮なネタがずらりと並び、おいしいものを食べさせる雰囲気に満ちていて、良い店だなと思った。

 他にもごま鯖(鯖のごま醤油漬け)やおきゅうとなどの博多の郷土料理も色々楽しめるし、夏にはあぶってかももメニューに並ぶようだ。今回は頼まなかったが、刺身の盛り合わせやつぼ鯛の味噌漬けはかなりおいしそうだった。つぼ鯛は博多で人気の魚らしく、どこへ行ってもよく見かける。次回行ったら頼んでみよう。
by abukamo | 2009-10-22 16:21 | 料理ノート | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://abukamo.exblog.jp/tb/10368901
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by eight-b at 2009-10-22 17:03
もっと早くこの記事を読みたかった~。
次回博多に行けるとすれば・・・

親戚のばーさんを一人ご臨終にせねばなんね(^^;
Commented by abukamo at 2009-10-22 18:14
>ふぐさん

ばーさんをご臨終にせずとも^^; ドッコイ様とご旅行でいかがでしょう。
おいしい店に行きつけてるふぐさんでも、ここは気に入るような気が
いたします。ネタがとても良いです。

中洲あたりには良い店がたくさんあるんですよねぇ。
昔は会社の上司に連れてってもらったり、取引先の接待でこういう店に
よく行ったものですが、自分で支払いをしたことがなかったので、
かなりビビりました。^^;

そうそう、もつ鍋の「やま中」もスゴいよと友人が言うとりました。
http://www.motsunabe-yamanaka.com/
Commented by mrs-jasmine2 at 2009-10-25 18:12
こんばんは〜。^^
わ〜!わたしこういうお店大好きです!!
いいですよね〜。^^

博多っておいしいものの宝庫ですね。
大学生の頃、行って以来長らく行ってませんが、
食い倒れツアーでまた行ってみたいですね。
やはり、知らない土地ではガイドブックに頼るしかないので、
こういう地元の人のお墨付き!みたいなお店を教えていただけるとうれしいです♪

大分の温泉行って、帰りに博多寄っておいしいものツアー!
が、今のわたしのささやかな夢です。^^
Commented by abukamo at 2009-10-26 09:04
>ジャスミンさん

中洲近辺にはおいしい店は無数にありますが、住んでるときは
おいしい店に連れてってもらうと感激するだけでメモさえとらず、
今となってはどこのどの店やら…って感じです。^^;
まぁ、おいしくても続かない店もあるだろうし、味が変わることも
あるので、地元の人に聞くのが確実ですね。

大分、良いですよ~。ちょっとここ数年ご無沙汰してますが、
海も山もとにかく良いです。大分の魚はちょっと他のとこと
身質も味も違うんですよ。関さば、関あじ、城下ガレイ。^^
大分の温泉といえば、学生時代は贅沢なことに毎春・毎夏と
湯布院へ行ってました。友人ちの別荘に大勢で押し掛け、
1週間遊び放題。当時はまだ湯布院もあまり観光化されておらず
のどかなところでした。つくしをつんだり、散歩したり、楽しかったです。
今考えたら相当な贅沢ですね。^^
Commented by tokikon43 at 2009-10-26 18:29
ああ〜!!「せいもん払い」に行かれたのですね〜(^▽^)/
懐かしき繁盛店ですわぁ〜!また行きたぁ〜い♪

そして、私たちも同じようにビクビクしながら注文したのです(汗)
でも、お会計で案外お安かったから、なんだ煮付けの1品でも
注文すれば良かった〜!と思ったのです(^0^;)
サラリーマンや同伴出勤のホステスさんで溢れかえってましたね。
次回、行くことがあったら『あぶってかも』注文してみます♪

小倉の「かしわうどん」もう一度食べたし!
Commented by abukamo at 2009-10-27 07:16
>トコリーナさん

実は、最初からこの店に行こう!と決めていたのではないのです。
数年前に調べて知っていたのですが、店の名前など覚えておらず。
と思ったら、口からぽろっと「せいもん払い」と出たのです。
まるで神の御託宣だ!と思ったんですが、帰宅してよーーーく
考えたらそういえば、トコリーナさんの記事にあったかも…
で、見てみたらやっぱりあった!^^;
というわけで、トコリーナさんのおかげで行き着けたような
ものなのです。感謝いたします。^^
Commented by tsujimeshi at 2009-10-30 20:47
今度実家に帰ったときに行ってみます!
って正月くらいしか帰らないからお店やってないか…
Commented by abukamo at 2009-10-31 08:10
>ツジメシさん

あれれ!?ツジメシさんて福岡出身ですか?
それは知らんかった~。
ツジメシさんのようなセンスの良い方が同郷だなんて
なんだかちょっとウレシイです。^^

せいもん払い、お正月はどうかなぁ。繁盛店なので新年会用に
開けてそうな気もしますが…。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< カツオのタタキ・バルサミコ醤油丼 アマダイのあられ揚げ >>