釣りと魚料理
by abukamo
カテゴリ
全体
はじめに
あぶかもについて
釣り
魚料理
料理ノート
おしらせ
カテゴリなし
以前の記事
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
more...
タグ
(70)
(30)
(28)
(26)
(25)
(25)
(25)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(15)
(14)
(13)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)
(1)
検索
最新のトラックバック
炙りしめサバ寿司
from イルンに居るんデス
あぶかもさんちのカツオ料理。
from エーゲ海のひとりごと。
ここ最近食べていたもの。
from 酒とコーギーと男と女
イカと格闘!!
from 小確幸探し
鯖寿司
from 旦那の夕餉
海鮮シュウマイの夜。
from なまけものってすごい......
パスタVOL..2
from パスタ
神茂のおでん
from 酒とコーギーと男と女
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
フォロー中のブログ
OKANの素
酒とコーギーと男と女
おかしな生活
HanaTayori
60年後のロミオとジュリエット
プランタゴな毎日 pla...
美しき因果応報
三文釣師の釣行記とか
ツジメシ。プロダクトデザ...
続*ジャスミンの料理手帖 
en´s Active...
旦那の夕餉
エーゲ海のひとりごと。
外部リンク
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
シイラのチーズフライ
d0143592_13334929.jpg

 もう10年以上も前になるが、熊本・天草の最南端にある牛深という町へ、単身竿を背負って投げ釣りに出かけたことがある。

 天草地方はまんびき漁の盛んな土地だ。宿泊した旅館の仲居さん(といってもアルバイトの高校生)が部屋にやってきて世間話をしていると、私の持参した釣り道具を見て「うちの両親はまんびき漁をやってるんですよ」と笑顔で言う。
 まんびきとは、シイラのこと。まんびきはシイラの九州の地方名だ。なんだかありがたくない呼び方だが、まんびきは万引きにあらず。沖の流木や流れ藻など漂流物に群れで付いているので、万匹獲れる、が語源らしい。
 わたしも何度か釣ったことがあるが、釣れると針をつけたままジャンプし、水面で暴れまくるので釣り味は最高。しかし、船のまわりを泳ぎまわるので、釣りあげるまで竿を持ったまま船内をぐるっとまわらねばならない。そうするとまわりの釣り人はせっかく落とした仕掛けを回収せねばならず、迷惑千万。シイラ釣り大会でもないのにこの魚を何度も掛けると、「おいおいまたかよ…」と冷たい視線を浴びることになる。

 さて、このシイラ。もうひとつやっかいなことがある。平べったい魚ではあるが、大きいものは1mを超えるので、持ち帰ると魚肉量が半端ないのだ。
 新鮮なものは刺身もOKだが、味が少々単調なので大量には食べられない。身質は赤身に近く、脂がなくややパサつくので、油を使った料理がよく合う。きちんと血抜きをして持ち帰り、皮を引いてソテーやフライにするとかなりおいしいが、そんなに大量のフライを食べるわけにもいかず。大型1匹を食べ尽くすのはなかなか大変である。

d0143592_1533918.jpg 今回作ったのは、チーズフライ。
 フィレ状にしたシイラを四角く仕立て、片辺を残して厚さ半分にスライスする。塩胡椒し、内側にみりんでのばした味噌をさっと塗り、大葉と少量のプロセスチーズを挟んで衣をつけて揚げる。味噌とチーズのコクが加わるので、冷めてもおいしい。うちではシイラが釣れるとほぼ毎回このフライをお弁当に作っている。

 チーズはミックスチーズでも良いだろうが、挟みあげの場合は揚げると溶けて流れ出しやすい。プロセスチーズは溶けにくいので、挟みあげの場合はよく使っている。また、お弁当に入れる場合は、よく冷ましてから切ると、チーズが垂れずにすむ。

 ここまで手を加えなくても、スティックフライにしたり、衣のパン粉に粉チーズやハーブを混ぜたりすると多少変化がつけられる。タルタルソースを添えてパンに挟んで食べても美味。

 フライ以外でよく作るのは、マヨネーズ焼き。薄く切ってニンニク醤油+酒に漬けこんだものにマヨネーズを塗り、粉チーズを振ってオーブントースターで焼く。ニンニクとは好相性なので、これもなかなかいける。

 ハワイではシイラはマヒマヒと呼ばれ、高級魚扱い。オアフのレストランで角切りのマヒマヒをソテーしてサラダに添えたものを食べたことがあるが、ドレッシングを工夫すればこれも結構おいしい。
by abukamo | 2009-11-16 15:58 | 魚料理 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://abukamo.exblog.jp/tb/10461272
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by みほ at 2009-11-16 16:36 x
はじめまして。いつも楽しく拝見(勉強)させせていただいています。海の無い県に住んでいるので、おいしそうなお魚満載のあぶかもさんのプログを見ては「ハア~スゲえーうまそー」といじきたなく見入っています。今回のシイラなんですが、水死体に群がるとか聞いてなんとなく食べずにいたのですが。漂流物に群れで付いてくる習性があるためなんですね。あぶかもさんのチーズフライとてもおいしそうです。シイラはわりとお値段もてごろですし今度作ってたべてみます。これからもおいしいそうなお魚たくさん見せてくださいね。文章もすごく好きです。^^
Commented by abukamo at 2009-11-16 20:56
>みほさん

ようこそ、いらっしゃいませ!
大変うれしいコメント、ありがとうございます。^^

うちはだんなが週末ごとに山盛り釣ってくる旬の魚を自己流で
趣味と実益を兼ねて料理しているだけなので、勉強になるかどうかは
けっこう怪しいです。^^;
思いつくまま、ダラダラ長いだけの文章を読んでいただいた上、
お褒めいただいて、ありがとうございます。(実はすごく喜んでます^^)

シイラはたしかに水死体を含む漂流物に群がるので、嫌う土地も
ありますね。
しかし、あれだけいるシイラが水死体にめぐり合う機会はどれほどの
ものか、と考えると、あまり気にすることもないような気がします。
いずれにしろ、シイラに罪はなし、ですね。^^
最近は流通が良いので、海なし県でも売ってるところがあるかもしれま
せん。新鮮なものがあれば、ぜひ一度お試しください。
Commented by tokikon43 at 2009-11-16 21:32
あ、夕飯でフライを食べました♪
これをイギリス風のフィッシュ&チップスみたいな
揚げ物にしたら美味しいのかしら?
モルト酢ジャビジャビかけて頂きたいですね〜(^^)

もしかしたら、シイラって食べたこと無いかも?
(お店で見たことない、、、気がつかないだけかなぁ〜(汗)
Commented by abukamo at 2009-11-17 09:21
>トコリーナさん

フィッシュ&チップスはパブ風の居酒屋(HUB)で食べたことが
ありますが、モルト酢はついてたっけなぁ。
あれ、HUBのサイト見たらモルトビネガーって書いてあるなぁ。
(全然覚えがない…^^;)
これ、使ってみた~い!近いうちに是非ゲットしたいと思います。

それにしてもトコリーナさん、塩蔵ケッパー入りのタルタル、
すごくおいしそうですね!うちもケッパーは断然塩蔵派で
常備しています。絶対真似します。^^
Commented by LL at 2009-11-19 19:17 x
マンビキは、まうごつ引くんで、万引で良かった様な…?
と、調べてみたら”万疋”でした。f^^;

地元だと刺身か煮付けか干物するくらいですが、油とよくあうので揚げ物が一番無難な料理法なんでしょうね。
Commented by abukamo at 2009-11-20 01:02
>LLさん

マンビキはいろいろ語源があるらしいですね。
そっか、干物という手もあるのか。思いつきもしませんでした。
お煮つけも料理法や味付けによってはきっとおいしく食べられる
ことでしょう。あっさりしているので、蒸してアジアンな味付けなんかも
合うかもしれませんね。

いちばん間違いないのがフライですが、鮮度が良くないものは
フライにしてもイマイチですね。昔、スーパーのお惣菜売り場で
シイラのフライを買ったら、う~ん…なお味でした。^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< オリーブの収穫祭 2009 カボチャとザーサイの干しエビ炒め >>