釣りと魚料理
by abukamo
カテゴリ
全体
はじめに
あぶかもについて
釣り
魚料理
料理ノート
おしらせ
カテゴリなし
以前の記事
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
more...
タグ
(70)
(30)
(28)
(26)
(25)
(25)
(25)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(15)
(14)
(13)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)
(1)
検索
最新のトラックバック
炙りしめサバ寿司
from イルンに居るんデス
あぶかもさんちのカツオ料理。
from エーゲ海のひとりごと。
ここ最近食べていたもの。
from 酒とコーギーと男と女
イカと格闘!!
from 小確幸探し
鯖寿司
from 旦那の夕餉
海鮮シュウマイの夜。
from なまけものってすごい......
パスタVOL..2
from パスタ
神茂のおでん
from 酒とコーギーと男と女
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
フォロー中のブログ
OKANの素
酒とコーギーと男と女
おかしな生活
HanaTayori
60年後のロミオとジュリエット
プランタゴな毎日 pla...
美しき因果応報
三文釣師の釣行記とか
ツジメシ。プロダクトデザ...
続*ジャスミンの料理手帖 
en´s Active...
旦那の夕餉
エーゲ海のひとりごと。
外部リンク
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
アナゴの白焼き茶漬け
d0143592_18282813.jpg
photo:だんな

 脂のノリがそうでもないアナゴで一品。

 カワハギ釣りのお土産で、宿からいただいてきた巨大アナゴ。見事に太ってはいるが、このまま焼くと皮が固いかもしれない。さっと蒸してから白焼きにしよう。ふっくらした白焼きに生山葵を添えて食べるのだ!

 ところが、蒸し器の蓋を開けると、脂が少ないアナゴだったうえに蒸し方が悪かったのか、すっかり身が痩せてしまっている。これを焼いてもふっくら柔らかい白焼きにはならないだろう。夢破れ、すっかり意気消沈である。

 しかし、せっかくの天然アナゴ、おいしくいただかねばもったいない。予定を変更して、こんがり焼いてお茶漬けでいってみよう。ビジュアルの参考はコチラ

d0143592_17393535.jpg 昆布とかつおぶしで出汁をとり、酒、塩、薄口少々で調味して吸い地を作る。

 アナゴは開いて串を打ち、さっと蒸し、魚焼きグリルで焼く。身側はさっと、皮目はこんがりと。

 塩少なめでおにぎりを握る。フライパンを熱し、火を弱めてゴマ油をしく。キッチンペーパーで余分な油をさっとぬぐって、おにぎりの両面を焼く。ひっくり返すときは、菜箸にしろ指にしろ水でさっと濡らすとくっつかない。両面に焼き目がついたら取り出しておく。

 丼に焼きおにぎりを入れ、アナゴを乗せてあつあつの吸い地を張る。三つ葉、生山葵を添え、あられを散らせば出来上がり。あられがなければ、白ゴマでも。塩昆布や切り海苔を乗せても良いだろう。

 固くしまっていた焼きアナゴが、吸い地でしっとりやわらかくなっている。皮はやはり少々弾力があるが、焼き目の香ばしさでぎりぎりカバー。山葵の香りがいい。なんとかおいしく食べられて、よかったよかった。
by abukamo | 2010-01-15 18:31 | 魚料理 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://abukamo.exblog.jp/tb/10666855
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tokikon43 at 2010-01-15 20:59
う!美味そうです♪

案外と、脂のノリがそうでもないアナゴだったからこそ
お茶漬けに大量の油も浮かずに済んだのですね(^^)
う〜ん、機転利くあぶかもさん、ハラショー!
Commented by abukamo at 2010-01-16 07:38
>トコリーナさん

このお茶漬け、脂ののったアナゴで作ってもおいしいとは
思うんですが、これはこれであっさりとおいしくいただけました。
蒸し器の蓋を開けたときはガビーン!(死語)でしたが。^^;
脂ののったアナゴなら、少々蒸しても固くなることはないでしょうけどね。

それにしても、生山葵って偉大ですね。味といい香りといい、
お茶漬けの格が上がります。年々こういうものが好きになるなぁ。
Commented by duoneemu at 2010-01-17 12:49
>よかったよかった。
って、あぶかもさん、これは美味いでしょ?でしょ?

今年は清酒に挑戦しませんか?
清酒の味を知ったなら、”飲みながら”あるいは”飲んだ後に”、
こういう料理の有難さが3割は増しますぜい。
Commented by abukamo at 2010-01-18 00:31
>duoneemuさん

作りながらわたしも思いました。こりゃ呑んだあとのシメだろう、と。^^;
しかし、この日はおかずにお正月のお餅を使った餅巾着があったので
おかずはおかずで食べ、お茶漬けはご飯のシメにしました。

わたしも飲めたらどんなに良いかと思いますよ。
お酒の「味」は好きなのです。酒の肴系も大好きです。
でもオチョコ一杯飲んだら、3時間くらい転がって起き上がれません。;_;
料理にはかなり使うんですけどね~。
Commented by lucky at 2010-01-20 16:11 x
これはまた贅沢なお茶漬けですね。
伊勢の義祖母から穴子を頂くことがあるのですが、
串が上手く打てません(TT)指なら思いっきり打つんですけど・・・。

アマダイの清蒸、やりました!
すごい勢いで平らげました。美味しかった~。
ブログでご紹介させて頂きました。
毎度美味しいレシピ、ありがとうございます♪
Commented by abukamo at 2010-01-20 19:37
>luckyさん

今、luckyさんのブログでアマダイの清蒸を拝見してきました。
おいしそうに出来てますね。やっぱりアマダイは蒸すと最強ですなぁ。
アラまで使っていただいて、アマダイも喜んでいることでしょう。^^

アナゴの串打ちですが、わたしも最初うまくいきませんでした。
皮の上をと思うと難しいので、身の真ん中を狙うとわりと
打ちやすいです。正しい方法ではないかもしれませんが。^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 海鮮塩焼きそば スモークサーモンの鱒寿司風 >>