釣りと魚料理
by abukamo
カテゴリ
全体
はじめに
あぶかもについて
釣り
魚料理
料理ノート
おしらせ
カテゴリなし
以前の記事
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
more...
タグ
(70)
(30)
(28)
(26)
(25)
(25)
(25)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(15)
(14)
(13)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)
(1)
検索
最新のトラックバック
炙りしめサバ寿司
from イルンに居るんデス
あぶかもさんちのカツオ料理。
from エーゲ海のひとりごと。
ここ最近食べていたもの。
from 酒とコーギーと男と女
イカと格闘!!
from 小確幸探し
鯖寿司
from 旦那の夕餉
海鮮シュウマイの夜。
from なまけものってすごい......
パスタVOL..2
from パスタ
神茂のおでん
from 酒とコーギーと男と女
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
フォロー中のブログ
OKANの素
酒とコーギーと男と女
おかしな生活
HanaTayori
60年後のロミオとジュリエット
プランタゴな毎日 pla...
美しき因果応報
三文釣師の釣行記とか
ツジメシ。プロダクトデザ...
続*ジャスミンの料理手帖 
en´s Active...
旦那の夕餉
エーゲ海のひとりごと。
外部リンク
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
呉豆腐
d0143592_9571322.jpg
photo:だんな

d0143592_10471433.jpg 週末、雨風強し。さらに津波もやってくるとあれば、釣りは断念せざるを得ず。当然、冷蔵庫のチルドルームに魚はない。

 そんな週明け、アレを作ろう、と思い立った。お正月の記事にリンクを張ったyoutubeの動画、黒霧島のCMに出ていた佐賀有田の呉豆腐。豆乳に葛粉を混ぜ、練り上げて固めたものだ。

 呉豆腐は作るのも食べるのも初めてだ。調べてみると、作り方はいろいろ。葛粉だけを使うもの、片栗粉を加えるもの。練る時間も5分~1時間と幅がある。さてさて、どんな作り方をするべきか。色々検討した結果、やはりここは葛粉だけを使って作ってみたい。練る時間は鍋の様子を見ながら臨機応変に、と決めてとりかかる。はたしてちゃんと固まるか、食感は良いのか、こういう料理を作るときはいつもワクワクする。

d0143592_10514349.jpg 厚手の鍋に豆乳600cc、葛粉大さじ5を入れて合わせる(ここで葛粉が完全に溶けていなくても良大丈夫)。中火にかけ、木ベラで混ぜる。フツフツしてきたら弱火にし、絶えず木ベラを鍋底から動かして練り上げる。5分もするとかなり固くなってくるが、頑張って練り続ける。20分ほど練って火からおろし、水で濡らした流しかんに流し入れる。粗熱をとって冷蔵庫で30分も冷やすと、しっかり固まった。

 できた呉豆腐を流しかんから取り出し、パテ抜きで抜いて器に盛る。タレはすりゴマ、醤油、砂糖を混ぜ、水を少々くわえてゆるめたもの。気合いを入れたわりには、わりとあっさり出来上がった。

 食べてみると、味は豆乳、食感はゴマ豆腐。モチモチとした粘りとコシが豆乳によく合っていておいしい。本場の呉豆腐と同じものが出来たかどうかは確認のしようもないが、これはこれでアリだと思う。

 この呉豆腐、きっと酒盗あんも合うに違いない。ちょっとだけ残っていた酒盗あんをかけて食べてみたら、これが相性ばっちり。呉豆腐のなめらか食感に旨味たっぷりの酒盗あん。このおいしさを画像とテキストでしかお伝えできないのが実に残念だ。自家製酒盗が冷蔵庫にある方は、ぜひ一度お試しいただきたい。

 さてこの呉豆腐、たくさん出来たのは良いけれど、時間を置くと固くなってしまうらしい。この寒い時期にひんやりしたものを一度に大量に食べるのも辛いものがあるし… というわけで、次回は呉豆腐を使った温かい料理です。
by abukamo | 2010-03-03 11:18 | 料理ノート | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://abukamo.exblog.jp/tb/10826466
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tokikon43 at 2010-03-03 23:37
呉豆腐つくったことないです。
胡麻豆腐みたいな感じなら、沖縄のジャーミー豆腐やブラマンジェ
みたいな感じなのかしら?
こりを焼いたら大根餅のようになるのかしら?
そりとも、トロロ〜と溶けて流れてしまうのかしら?
(質問マシーンでよろしく哀愁♪)
Commented by abukamo at 2010-03-04 07:56
 >トコリーナさん

 そうそう、呉豆腐、沖縄のピーナツ豆腐やブラマンジェに似てますね!
 うわぁ、ブラマンジェ、懐かしいな。昔何度か作ったなぁ。
 呉豆腐の味は豆乳そのものなので、黒みつをかけて食べる人も
 多いみたいです。^^
 焼いたらどうなるか…フフフ、わたしは焼いてはいませんが
 だいたい想像できます。大根もちとはちょっと違いますが、
 完全に溶けてなくなることはないと思います。
 加熱後どうなるか、詳細は次記事をお待ちくださいまし~。^^
Commented by yamatogokoro-mi at 2010-03-04 16:03
うわぁ、呉豆腐なんて会席料理でしか食べないもーん。
家で作ろう!と思いもよらない一品です。おいしそー。

春夏メニューにぴったりですね。
Commented by abukamo at 2010-03-04 19:02
 >かぁちゃん

 ゴマ豆腐も手作りするとおいしいのはわかってるんだけど、
 手間かかるしなぁと思ってやったことがありませんでした。
 しかし、黒霧島のCMで見た呉豆腐は、どうしても作ってみたくて
 やってみたのでした。もっと難しいのかと思ったら簡単だったよ。^^
 暑い時期は、練る作業がちょっと辛いかもしれないけど…。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 揚げだし呉豆腐 牡蠣の南蛮漬け >>