釣りと魚料理
by abukamo
カテゴリ
全体
はじめに
あぶかもについて
釣り
魚料理
料理ノート
おしらせ
カテゴリなし
以前の記事
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
more...
タグ
(70)
(30)
(28)
(26)
(25)
(25)
(25)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(15)
(14)
(13)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)
(1)
検索
最新のトラックバック
炙りしめサバ寿司
from イルンに居るんデス
あぶかもさんちのカツオ料理。
from エーゲ海のひとりごと。
ここ最近食べていたもの。
from 酒とコーギーと男と女
イカと格闘!!
from 小確幸探し
鯖寿司
from 旦那の夕餉
海鮮シュウマイの夜。
from なまけものってすごい......
パスタVOL..2
from パスタ
神茂のおでん
from 酒とコーギーと男と女
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
フォロー中のブログ
OKANの素
酒とコーギーと男と女
おかしな生活
HanaTayori
60年後のロミオとジュリエット
プランタゴな毎日 pla...
美しき因果応報
三文釣師の釣行記とか
ツジメシ。プロダクトデザ...
続*ジャスミンの料理手帖 
en´s Active...
旦那の夕餉
エーゲ海のひとりごと。
外部リンク
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カツオのハラス 酒盗焼き
d0143592_84919100.jpg
photo:だんな

 週末はだんなもわたしも自治会の仕事で忙しく、釣りはなし。こうも魚のない日が続くと、もう何を食べたら良いかわからなくなってくる。2週続けて釣果がないなんて、結婚以来何度あっただろうか。
 仕方がないので、-60℃の冷凍庫を漁って昨年秋のカツオのタタキを出してきた。背身と腹身の2本セットだ。これを解凍して、久しぶりにカツオ料理を。

d0143592_9103290.jpg 先日からハマりにハマっている酒盗地自家製酒盗を酒で煮溶かしたもので、そのまま舐めてもおいしいほど。この酒盗地が載っていた「お通し前菜便利集」にカツオのハラスを酒盗地に漬けこんで焼く、という料理があった。隣のページには背身の黒い皮を白ねぎで巻いて焼いた皮ねぎ焼きが載っている。この二つを作ってみよう。

 カツオのタタキは解凍して血合いを取り除く。カツオの血合いは栄養満点だが、さすがに数カ月冷凍すると生臭くなるので、取ったほうが食べやすい。血合いは赤身肉に入り込んでいるので落とすのが難しいが、サクを上から押して断面を膨らませるようにすると削ぎ落しやすくなる。
 血合いを除いたサクの皮目を下にして、身を少しつけた状態で薄くスライスする。腹身の皮は長さ三等分にして二つに切る。背身の皮は細長く切る。これを濃いめに作った酒盗地(酒盗1:酒2)に漬けこみ、30分ほど置く。ハラスの方は魚焼きグリルでこんがりと焼く。

d0143592_911149.jpg 背身の皮で皮ねぎ焼きを作る。白ねぎの細いものを15cm長さに切って、ところどころ切り目を入れ、魚焼きグリルで焼いて冷ましておく。酒盗地に漬けこんだ背身の皮をねぎに巻き付け、巻き始めと終わりに水に浸しておいた竹串(または爪楊枝)を挿して留める。これを魚焼きグリルで火が通るまで焼く。

 残ったカツオの身はそぎ切りにして、旨辛味の唐揚げに。味付けはヤンニョンジャン、醤油、塩、砂糖、酒。ゴマ油を加えても良い。片栗粉を少々まぶし、一口大にまとめて170℃の油で揚げる。これで鰹料理が三品できあがり。

 酒盗地に漬けたハラスは、焼いている最中から塩辛の濃厚な匂いがする。皮目にはこんがりと良い焼き色がつき、見るからにおいしそう。酒盗はもともとカツオの内臓なのだから、ハラスに合わないはずがない。秋の脂ののった戻りガツオの皮に酒盗を合わせた想像通りの味だ。
 皮ねぎ巻きもおいしい。ねぎの甘さと酒盗味の皮の香ばしさがよく合っている。酒盗地、偉大なり。

 韓国風の味付けの唐揚げは、昨年秋からよく作っている。たくさんできたので、翌日のお弁当にも。パサつかず、冷めてもおいしく、良いおかずになる。
by abukamo | 2010-03-09 09:35 | 魚料理 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://abukamo.exblog.jp/tb/10846039
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yamatogokoro-mi at 2010-03-09 10:05
はぁぁぁぁぁ。美味いにきまってるぅぅぅぅぅ。
鰹のハラスは物産展で買って以来大好き♪
今度お料理本書庫見せてください。

ってゆーかぁ、-60度のフリーザーが羨ましいです。
全然違いますよねー。漁師さんの宿に泊まった時にいいなぁ。
ってしみじみ思ったのです。普通の冷凍室はお話になりません。
Commented by abukamo at 2010-03-09 10:48
 >かぁちゃん

 -60℃冷凍庫の何が良いって冷凍焼けしないのよ。霜もつきにくいし。
 これで急速冷凍すれば、普通の冷凍庫で保存しても酸化しにくいし。
 パセリを洗ってジップ袋に入れて凍らせて砕くと粉々になります。
 ただ、電気代は結構すごいです。とくに夏はまわりっぱなし。

 この料理本、良いよ~。絶対かぁちゃん好み。
 酒盗のおいしい食べ方がわかっただけでもめっけもんだけど、
 他の料理も良いんです。もう、めくってるだけで幸せです。^^
Commented by lucky at 2010-03-10 10:48 x
あぶかもさん、お久しぶりです!
鰹のハラスって食べたことないです。美味しそう~。
先般から美味しそうな酒盗&酒盗地を見続けたせいで、
出先で酒盗を買ってきてしまいました^^
またストーカーさせて頂きます。酒盗地、できるかな~。
Commented by abukamo at 2010-03-10 15:03
 >luckyさん

 おお、ご無沙汰です!引っ越しお疲れさま~。
 鰹のハラスは、鰹の腹側の部位です。
 普通カツオのタタキはこの部分を切り取ってしまうことが
 多いんですが、うちではつけたままでタタキにします。
 格好は悪くなりますが、歩留りが良いからです。^^
 干物屋さんなんかでは、このハラスだけを売ってたりしますね。
 脂がのってておいしい部分なんです。

 酒盗、買いましたか!おいしいのだったら良いですね~。
 買った酒盗で酒盗地を作ってもおいしいのだろうか…というのは
 わたしもかなり気になっています。
 もしお試しになったら結果教えてください。
 でもluckyさんちではそのまま酒の肴として
 なくなっちゃう気もするな…:p
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< エビと独活 酒盗マヨネーズかけ 揚げだし呉豆腐 >>