釣りと魚料理
by abukamo
カテゴリ
全体
はじめに
あぶかもについて
釣り
魚料理
料理ノート
おしらせ
カテゴリなし
以前の記事
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
more...
タグ
(70)
(30)
(28)
(26)
(25)
(25)
(25)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(15)
(14)
(13)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)
(1)
検索
最新のトラックバック
炙りしめサバ寿司
from イルンに居るんデス
あぶかもさんちのカツオ料理。
from エーゲ海のひとりごと。
ここ最近食べていたもの。
from 酒とコーギーと男と女
イカと格闘!!
from 小確幸探し
鯖寿司
from 旦那の夕餉
海鮮シュウマイの夜。
from なまけものってすごい......
パスタVOL..2
from パスタ
神茂のおでん
from 酒とコーギーと男と女
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
フォロー中のブログ
OKANの素
酒とコーギーと男と女
おかしな生活
HanaTayori
60年後のロミオとジュリエット
プランタゴな毎日 pla...
美しき因果応報
三文釣師の釣行記とか
ツジメシ。プロダクトデザ...
続*ジャスミンの料理手帖 
en´s Active...
旦那の夕餉
エーゲ海のひとりごと。
外部リンク
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
博多帰省2010秋 ~糸島篇~
d0143592_17323233.jpg
photo:だんな

 長らく更新が途絶えてしまいました。
 義母は日々回復に向かっており、リハビリで歩行訓練、自分で食事をとれるまでになってきました。ご心配いただいた皆様、お見舞いの言葉をくださった方々に感謝いたします。
 手術からまだ一ヶ月、入院・闘病はまだしばらく続きますが、今後も義父を中心に、義弟一家とともに義母のケアに努めたいと思っています。




 さて、中断していた里帰りレポート、糸島篇。3ヶ月も経ってしまって今さらな感もあるが、ケジメとしてざざっと報告しておこう。

 箱崎ツアーの翌日向かったのは、福岡市西区宮浦。通称唐泊(からどまり)、糸島半島の入り口だ。唐泊は近年カキ養殖が盛んになっており、「恵比寿かき」として福岡市民に親しまれている。あまりにも身近な場所なので、以前「本当においしいのか?」と期待半ばで食べてみたら、これが予想に反してかなり美味。味が濃く安全性も高いということで、カキ小屋はいつも満員、魚介好きな博多っ子に大人気だ。

 カキ小屋は懐かしの福岡市海づり公園のすぐそば。この日はプレ・オープンとのことで、まだ人出も少なかろうと目論んで、とうちゃん、ぐっしーという友人二人と現場で待ち合わせ。
 ぐっしーは夫婦して一年の半分をニュージーランドのロトルア湖近くに住み、「ライナスコテージ」という貸別荘を営んでいる。そしてオフシーズンの半年を糸島半島で暮らしている。日本にいる間にわたしの帰省が重なったとき、数年に一度会うのだが、いつも明るくノリノリで真面目。本当に良い人だ。ご主人も釣りやアウトドア、ワイン、料理に詳しい好人物である。

d0143592_19121171.jpg さて、そんな友人ら、だんなとともにいざカキ小屋へ。目論見通り、人はまだそれほど多くなかったが、小屋の中は炭火でかなり暖かい。


d0143592_19162545.jpgとりあえずカキ1kgと炭火、カキむきナイフ、カキ飯、飲み物などを購入して席につくと、小屋の人がカンカンにおこした炭をセットしてくれる。


d0143592_19191034.jpgすぐさま網にカキを並べ、開いたところをナイフでこじ開け、レモンをちゅっと絞って口に運ぶ。

d0143592_1925558.jpgプリプリのカキ、滋味あふるるスープ。うっまーい!なんじゃこりゃ。だんなはビール、我々女性陣は全員ノンアルコールビール(車の運転があるので)を片手に食べる食べる。1kg追加してもあっという間。さらに1kg追加、満腹になるまで焼き、食べ尽くす。実家にお土産のカキを買い、小屋を出た。さて、これからどうしようか?



一応釣り道具は車に積んできたが、あいにく風波が強く、陸っぱり釣りは厳しい。するとグッシーが良いところがあると言う。「またいちの塩」という玄界灘の海水で塩を作っている、その名も「工房とったん」。よっしゃ行く行く!

d0143592_202935.jpgナビを頼りに車3台を連ねて糸島半島を横断。製塩所「工房とったん」はその名の通り糸島半島の西の突端にあった。


d0143592_2036325.jpgまたいちの塩は玄界灘の海水を引いて流下式塩田で濃縮させ、釜で炊き上げ、杉樽で寝かせて作られる。なんでも以前ANAの機内誌「翼の王国」の人気連載「おべんとうの時間」の取材を受けたらしく、この工房には全国から人が訪れるという。


d0143592_20323398.jpg工房の代表者、平川氏の父上が詳しく塩田の説明をしてくれた。流下式塩田は海から引き込んだ海水を竹の枝をつたって落とし、日光と風の力で濃縮させる。木材と竹で作られた塩田は原始的だが、糸島の海と空を背景に美しい佇まいだ。


d0143592_20392472.jpg工房内ではまたいちの塩の他、にがりや塩釜ゆで玉子(売切れ)、塩プリンなどが販売されている。なに?塩プリン?それはぜひとも食べねばなるまい。おじさーん、塩プリン4つ!


d0143592_2045212.jpgプリン好きの男女4名、海を眺めつつ塩プリンを食す。


d0143592_20504959.jpg別添のカラメルとまたいちの塩をかけ、よく混ぜて食べると、濃厚プリンのところどころで塩がカリッ!と弾ける。甘くて塩っぱくて最高だ。


d0143592_20562353.jpg塩プリンを食べ、海っぺりでのんびりしていると、風が強いこともあって段々身体が冷えてきた。おじさんがここで育てたレモングラスのお茶を竹筒に入れてだしてくれた。おお、あったまるねぇ。さぁ、日も暮れてきたことだし、またいちの塩を買ってそろそろ帰ろうかね。




おっと、帰る前に糸島の産直に寄ってみようよ。グッシーの案内でJA糸島の産直市場「 伊都菜彩」へ。閉店間際に滑りこむ。
帰省中、あちこちの産直に行ったが、ここは品揃えがピカイチ。海の幸山の幸が豊富な糸島、食材はもちろん菓子類などの加工品もたくさん売っている。またいちの塩もあった。

d0143592_2116463.jpgここでだんなが目を付けたのが鮮魚売り場のシブダイ コショウダイ。これうまいんだよな、と1尾お買い上げ。実家に帰ってすぐにおろし、刺身で食べた。脂のノリはいまひとつだったが、さすがコショウダイ、甘くておいしい。お土産の恵比寿カキも焼いて、母のお煮しめや鶏料理などで豪勢な食卓。両親も大喜びだった。



以上で帰省報告はおしまい。長らくお付き合いいただき、ありがとうございました。
さて、次はクリスマスのアイシング・クッキー詳細へと続きます。
by abukamo | 2011-01-31 21:38 | 料理ノート | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://abukamo.exblog.jp/tb/12793095
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yamatogokoro-mi at 2011-01-31 22:36
お疲れさまです。ほんとに元気に回復されて良かったです。
おだいじに。

牡蠣小屋へ行った方のレポを以前も見て悶絶したんだけれど、
あんなに美味い牡蠣を新鮮なうちにそこで焼いて食べるなんて
そりゃどんどこ追加しますよね。大真面目な顔して一言も
しゃべらずに食べたいです。
シブダイしらないー!クロホシフエダイ?たべたことなーい!
見るからに美味しそうだぁ。

あ、そうだ!材料揃えておいてまた作ってないのです。
あのクッキーはお正月の宿題だったのに(笑)
Commented by abukamo at 2011-01-31 23:56
 >かぁちゃん

 ありがとうございます。^^
 普通の生活に戻れるまでにはまだまだ時間がかかりそうですが、
 脳の手術をしたのだから、そう簡単にはいきませんよね。
 リハビリはどんどんやったほうが良いようですが、こちらは焦らず
 せかさずと思っています。

 あ、ごめんごめん!シブダイじゃなかった。コショウダイでした。
 わざわざ検索かけさせてしまったかな。^^;
 コショウダイ、なかなか売ってないけどおいしい魚ですよ。
 (初夏の産卵期後はまずいそうです)

 クッキー、かぁちゃんが作る前に秘伝をまとめてアップしますよ。
 ちょっとしたコツなんですが。もちょっと待っててね。^^
Commented by みかんのおばちゃん at 2011-02-01 06:06 x
お母さま、よくなられて本当によかった。お疲れ様でした。
牡蠣ですが~実は生牡蠣は苦手です。でもこれを読んでいたら
本当は美味しいのかもと思えてきました。
Commented by lucky at 2011-02-01 09:52 x
お義母様のご回復、素晴らしいですね。まだしばらくはご心配事もおありでしょうけれど、ゆっくり前に向かって下さいね。
あぶかもさんもご自愛下さい^^

博多、やっぱり魅力が凝縮されてますね~。
地の利の良さも素晴らしいですし、(飛行場に新幹線、近くて超便利!)食材の宝庫ですね。
美味しそうな牡蠣があるんですねぇ!
私もちょっと苦手なんですが、だからこそ新鮮で美味しそうなものには魅かれます。プリプリ具合がたまりません。
絶対今年は博多に行きます!
Commented by abukamo at 2011-02-01 14:25
 >みかんのおばちゃん

 ありがとうございます。ほんと、一時はどうなることかと思いましたが
 よくぞここまで回復してくれたものです。
 まだ色々心配なこともあるのですが、手先が器用な人なので、
 手足の麻痺がなかったことはなによりだと思っています。

 牡蠣、生もおいしいのですが、炭火で焼いたのは格別です。
 なんといっても牡蠣から出るスープがたまりません。^q^
Commented by abukamo at 2011-02-01 14:49
 >Luckyさん

 お見舞いコメントありがとうございます。
 人間の回復力ってすごいですね。色々幸運も重なったのですが
 一ヶ月前とは別人のようです。
 身近な人がこういう形で倒れたのは初めてなのですが、
 改めて人間のモロさと強さを見たような気がします。

 博多はたしかに便利にできてきます。昔から商業で成り立っている
 街なので、おいしいもの、新しいもの、便利なものが大好き。
 その分飽きるのが早いとも言われていますが。^^;
 糸島はよかですよ~。福岡市内からすぐのわりに海はきれいだわ
 食べるものは豊富だわで。工芸関係の人もたくさん住んでいます。
 わたしもまだまだ行ってないとこがたくさんあるので、次に帰省
 したときにもあちこち行ってみようと思っています。^^
Commented by 鮨太郎 at 2011-02-10 01:00 x
初めまして、福岡で鮨屋を営んでいる者です。
「あぶってかも」を検索していて、こちらにヒットしました。
PC初心者ですが、時々お邪魔したいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。
大変失礼かもしれませんが、料理人の方ではないんですよね?
画像の美しさと、凝った料理に驚きました。
勿論、「あぶってかも」の記事も読ませて頂きました。
福岡のしがない料理人ですが、ご参考になるのでは?と思う事があります。
今回は、ご挨拶としまして、改めて「あぶってかも」の話しをコメントさせて頂ければと思う次第です^^
Commented by abukamo at 2011-02-10 15:57
>鮨太郎さん

 ようこそ、いらっしゃいませ!立派なお店をやってらっしゃるプロの方
 にコメントいただいて大変うれしく思います。ありがとうございます。
 薬院にお店があるのですね。お醤油をつけずに食べられるお鮨、
 興味があります。一度食べてみたいものです。

 わたしはまったく素人の家庭料理人です。凝った料理を作るのは
 だんなの釣果の新鮮な魚があるからで、なんとかおいしく食べねば
 もったいない精神が素になっています。
 それと食い意地でしょうか。^^;
 鮨太郎さんのお店のHPとブログも拝見しましたが、あぶってかもの
 写真もありましたね!参考になること、ぜひぜひ教えてくださいませ。
 楽しみにしております。今後とも、こちらこそよろしくお願いします!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< アイシング・クッキー詳細 その1 博多ぶり雑煮 &お知らせ >>