釣りと魚料理
by abukamo
カテゴリ
全体
はじめに
あぶかもについて
釣り
魚料理
料理ノート
おしらせ
カテゴリなし
以前の記事
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
more...
タグ
(70)
(30)
(28)
(26)
(25)
(25)
(25)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(15)
(14)
(13)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)
(1)
検索
最新のトラックバック
炙りしめサバ寿司
from イルンに居るんデス
あぶかもさんちのカツオ料理。
from エーゲ海のひとりごと。
ここ最近食べていたもの。
from 酒とコーギーと男と女
イカと格闘!!
from 小確幸探し
鯖寿司
from 旦那の夕餉
海鮮シュウマイの夜。
from なまけものってすごい......
パスタVOL..2
from パスタ
神茂のおでん
from 酒とコーギーと男と女
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
お気に入りブログ
OKANの素
酒とコーギーと男と女
おかしな生活
HanaTayori
60年後のロミオとジュリエット
プランタゴな毎日 pla...
美しき因果応報
三文釣師の釣行記とか
ツジメシ。プロダクトデザ...
続*ジャスミンの料理手帖 
en´s Active...
旦那の夕餉
エーゲ海のひとりごと。
外部リンク
ブログパーツ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
アイシング・クッキー詳細 その2
d0143592_5364130.jpg
photo:だんな

 アイシング・クッキーの詳細、続き。 →前回はコチラ
 簡単にまとめるつもりだったのに、せっかくなので自分の記録として…などと考えていたら冗長になってしまった。興味のない方はどうぞ読み飛ばしてください。

 上の画像はクリスマスに一緒に作った年賀状用の魚クッキー。鯛のつもりで作ったのだが、金魚のジョウロみたいなオモチャっぽい出来になってしまった。アウトラインは数種類の太さを使いわけしているが、まぁまぁうまくいったのではないかと思う。


アウトラインの引き方 ~絞り口は浮かせるのがコツ!~

 さて、いよいよクッキーをアイシングでデコレーションする。デコレーションには、クッキーの輪郭に沿ってアウトラインを入れてから柔らかめのアイシングで土台を塗りつぶす方法、最初に土台を塗りつぶしてから輪郭に沿ってアウトラインを入れる方法、アウトラインは入れずに塗りつぶした上に模様を描く方法など、色々ある。仕上がりの好み、やりやすい方法を選ぶと良い。上の魚クッキーは土台を塗ってからアウトラインや模様を入れたもの。

 アウトラインを引く場合はパイピングチューブに固めのアイシング・クリームを詰めておく。
 まず、直線、曲線いずれも絞り口をクッキーにつけたままアウトラインを引きがち。わたしも前回はそれでやったのだが、なかなかうまく引けない。絞り口は始点と終点以外は浮かせて引くと比較的上手くいく。NUT2DECOさんのサイトにわかりやすい動画がリンクされていたので紹介しよう。




クッキーの塗りつぶし方

d0143592_7323729.jpg クッキー(土台)の広い面を塗りつぶすには小さめのスプーンがあれば十分だが、細かい部分がある場合は食品用の筆などがあると便利。他にも薬味用の小さいスプーンなど、使えるものは色々あると思う。
 小さなクッキーの場合、側面に垂れたり分厚くなったりしないようにアイシングの量に気をつける。大きなクッキーの場合は広い面を塗るとクッキーが水分でもろくなりがち。あまり触らずにしっかり乾かすこと。

d0143592_636912.jpg 左のうさぎ柄はかぁちゃんにいただいた有次の抜き型を使って作ったもの。有次の型は本来、人参などの固いものを抜くために小さく精巧に作られているので、クッキー生地を抜くと耳や足が取れてしまう。そこで四角の型で抜いたものにうさぎ型をスタンプし、焼きあがったクッキーのスタンプ部分にアイシングを流しこんだ。
 苦肉の策だったが、これはアウトラインに自信のない人にも有効な方法だと思う。大小のハート型を用意し、大で抜いた中に小でスタンプし、その中にアイシングを流しこむとか。


模様のつけ方

d0143592_764715.jpg アイシングを塗った土台の上にパイピングチューブで模様を描く場合、土台の乾き具合で仕上がりが違ってくる。
 画像の葉っぱの左側は土台のアイシングが乾かないうちに白い葉脈をパイピングチューブで絞ったもの。時間が経つと葉脈の線がぼやけて土台と同じ高さになる。
 一方、右側の葉っぱは土台が完全に乾いてから葉脈を絞ったもの。線が固く高さがある。どちらもそれぞれ味わいがあるので、模様によって使い分けると良い。

d0143592_7253712.jpg 左のツリーは土台が半乾き状態で白のラインを引き、アラザンを埋め込むように飾ったもの。土台が乾きすぎているとアラザンが付かないので注意する。

 だいたいこんなところだろうか。これからアイシング・クッキーに挑戦される方に何かしら参考になれば幸いです。
by abukamo | 2011-02-12 07:55 | 料理ノート | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://abukamo.exblog.jp/tb/12859569
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by みかんのおばちゃん at 2011-02-12 08:39 x
目で楽しんで、食べて楽しんで、作り方までありがとうございます。
かえるのも兄弟分が大勢いたのですねぇ。ウサギのは本当に見事で
最後まで食べられませんでした。大雑把な私には向かない作業ですが
写真を見ているだけでも楽しいです。
Commented by yamatogokoro-mi at 2011-02-12 10:59
やっぱりコツがいるのねー。この画像は解りやすいー!!
うーん、やっぱりもうちょっとクッキー型揃えようかなぁ。
いや、取りあえず作ってみます♪
詳しい作り方ありがとうございました。
Commented by chiroru-pu at 2011-02-12 19:18
こういう職人芸を見るのが大好きです。質問魔に変身しちゃう!

こってり盛られ感がすごくいいですね。見てるだけで幸せな
気持ちになります。味もいいんだろうなあ。腹減ったなあ(笑)
Commented by abukamo at 2011-02-13 07:08
 >みかんのおばちゃん

 かえるは3兄弟だったのですが、完成後に1ぴき真っ二つに
 割れてしまいました。アイシングでクッキーが柔らかくなったのが
 原因と思われます。大きい型のクッキーは全面にアイシングを
 塗らないほうが良いのかもしれません。

 ちなみに、わたしもかなりの大雑把ですよ。
 作り方を細かく書いただけでして。
 大抵のことは「よかよか!」で済ませてしまいます。^^;
Commented by abukamo at 2011-02-13 07:16
 >かぁちゃん

 クッキー型はあまりたくさん使うと収拾がつかなくなりますので
 最初は少なめでやったほうが良いと思います。
 わたしも「今回は3~4つの型でやろう!」と思っていたのに
 いざとなるとあれこれ作りたくなって最後は大変なことに…^^;
 今度作るときは絶対種類減らそうと思います。
Commented by abukamo at 2011-02-13 07:21
 >ちろるさん

 職人芸にはまだまだ遠く及ばず… プロはほんとにすごいものを
 作られます。やっぱり器用な人はトクだと思います。
 味はね、今回はなかなか好評でしたよ。固さもまぁまぁ納得が
 いくものでした。生地をこねすぎるとサクサクしないし、まったく
 こねないとぽろぽろするので、その加減が難しいのです。
 ちょっと今は余裕がないですが、また近いうちに作りたいなぁ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< アカヤガラの刺身 アイシング・クッキー詳細 その1 >>