釣りと魚料理
by abukamo
カテゴリ
全体
はじめに
あぶかもについて
釣り
魚料理
料理ノート
おしらせ
カテゴリなし
以前の記事
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
more...
タグ
(70)
(30)
(28)
(26)
(25)
(25)
(25)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(15)
(14)
(13)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)
(1)
検索
最新のトラックバック
炙りしめサバ寿司
from イルンに居るんデス
あぶかもさんちのカツオ料理。
from エーゲ海のひとりごと。
ここ最近食べていたもの。
from 酒とコーギーと男と女
イカと格闘!!
from 小確幸探し
鯖寿司
from 旦那の夕餉
海鮮シュウマイの夜。
from なまけものってすごい......
パスタVOL..2
from パスタ
神茂のおでん
from 酒とコーギーと男と女
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
フォロー中のブログ
OKANの素
酒とコーギーと男と女
おかしな生活
HanaTayori
60年後のロミオとジュリエット
プランタゴな毎日 pla...
美しき因果応報
三文釣師の釣行記とか
ツジメシ。プロダクトデザ...
続*ジャスミンの料理手帖 
en´s Active...
旦那の夕餉
エーゲ海のひとりごと。
外部リンク
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
もりつけ箸
d0143592_16355055.jpg ブログで料理について書いてはいるけれど、これまで料理学校の類に通ったことはない。飲食店で働いた経験もなし。ただ唯一、プロと一緒に料理を作った経験といえば、友人に誘われてフードコーディネーターのアシスタントをしたことがある。会社を辞めて結婚する前、ほんの数ヶ月の間(しかも不定期)だが、今考えるとあれはとても貴重な経験だった。

 アシスタントといっても、材料の買出し、荷物運び、素材を切ったり炒めたりという単純作業が主ではあったが、大きな印刷会社のスタジオのキッチンで、またある時は個人のスタジオの隅っこにある小さなキッチンで、カタログや広告に使う撮影用の料理を朝から晩までもくもくと作っていた。
 出来上がった料理の照り・ツヤを良くするために筆で油を塗ったり、卵料理の黄色を強く出すために黄身を1つ余分に入れたりしたことはあるが、たいていはレシピの検証を兼ねていたこともあって、ちゃんと食べられるものを作って、撮影後は試食もした。栄養士の資格を持ったフードコーディネーター氏の作る料理は、食べてもほんとに美味しくて、ちゃんとした材料でちゃんと作れば、料理がいかに美味しくなるか実感したものだ。

 で、そのフードコーディネーター氏が愛用していたのが、もりつけ箸。先端がとても細くて、ものが摘みやすい。細かい作業が楽にできる。大皿に見事な刺盛りが出来上がるのを見ながら、いつかこんなプロの道具を使ってみたいなぁと憧れた。

 私は驚くほど不器用で、しかも慌て者である。毎朝だんなのお弁当を詰めるとき、時間に追われて、不本意な盛り付けのままタメ息と共に蓋をする日々だった。先日、ふともりつけ箸のことを思い出し、ネットで購入してみた。京都・市原平兵衛商店のもりつけ箸。白竹で出来ていて、丈夫かつ細身で美しい。お皿に乗せても転がらず、豆どころかせん切りの野菜の1本、小口に切ったネギ1つでも楽に摘める。お弁当箱におかずがきっちり詰められるのだ。菜ばしは意外に太くて、おかずを詰めるときに菜ばしの太さ分の面積も必要なので、うまくいかなかったのだろう。こんなに良いものなら、もっと早く買えばよかった。
 もちろん、かっぱ橋あたりに行けばもっと安価なものもあるだろうし、細身の塗り箸を盛り付け用に使っても良いと思う。

 それにしても。アシスタントをしていた頃、将来料理のブログをやるとわかっていたら、カメラマンの撮影技術をもっとしっかり観察しただろうに。もったいないことをしたなぁ。
by abukamo | 2008-04-10 18:33 | 料理ノート | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://abukamo.exblog.jp/tb/7676813
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< がごめ昆布 アイナメ西京漬け >>