釣りと魚料理
by abukamo
カテゴリ
全体
はじめに
あぶかもについて
釣り
魚料理
料理ノート
おしらせ
カテゴリなし
以前の記事
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
more...
タグ
(70)
(30)
(28)
(26)
(25)
(25)
(25)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(15)
(14)
(13)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)
(1)
検索
最新のトラックバック
炙りしめサバ寿司
from イルンに居るんデス
あぶかもさんちのカツオ料理。
from エーゲ海のひとりごと。
ここ最近食べていたもの。
from 酒とコーギーと男と女
イカと格闘!!
from 小確幸探し
鯖寿司
from 旦那の夕餉
海鮮シュウマイの夜。
from なまけものってすごい......
パスタVOL..2
from パスタ
神茂のおでん
from 酒とコーギーと男と女
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
フォロー中のブログ
OKANの素
酒とコーギーと男と女
おかしな生活
HanaTayori
60年後のロミオとジュリエット
プランタゴな毎日 pla...
美しき因果応報
三文釣師の釣行記とか
ツジメシ。プロダクトデザ...
続*ジャスミンの料理手帖 
en´s Active...
旦那の夕餉
エーゲ海のひとりごと。
外部リンク
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
谷中生姜と豚肉のフリッター
d0143592_1550451.jpg 九州から関東に越してきて、スーパーに並ぶ食材に食文化の違いを感じる人は多いと思う。木綿豆腐は焼き豆腐のように固いし、茹でたちゃんぽん麺はあまり売っていない。博多は長茄子が一般的だが、関東の茄子は長卵型で小さく、堅い。料理本に「材料:茄子5本」と書いてあるのを見て「え!そりゃ多すぎでは?」と謎だったのだが、関東の茄子を見て、なるほどと納得。

 反対に九州では見かけなかったものもある。関東のおでんに入ってるちくわぶは、博多では見たことも食べたこともなかった。美味しいのに、なんで九州では売らないんだろう?
 谷中生姜もそうだ。葉生姜とも呼ばれるが、関東では初夏、まだ小さい新生姜の茎をつけたままの状態で売っている。はじめてこれを見た博多の人はみんな「はじかみ?」と言う。はじかみといえば、酢漬けで瓶詰めにされ、焼き魚の添え物にされるものと決まっていて、生のはじかみが売られているのを見たことはなかった。このはじかみを、関東では味噌をつけて生のまま齧ると聞いて、カルチャーショックを覚えたものだ。

 この谷中生姜を使ったのが谷中生姜と豚肉のフリッター。柴田書店の「酒菜」シリーズの一巻「酒菜 居酒屋の料理476 」に載っていた料理だ。谷中生姜の根っこ部分に豚肉を巻いて、衣をつけて揚げたもの。加熱することで生姜の辛味が中和され、基本的にはお馴染みの生姜焼きテイストである。根元しか食べられないのに長い茎と葉っぱがついていて、見た目がちょっと面白い。その茎を手に持って齧って食べるスタイルがまた楽しい。オリジナルの衣は卵と小麦粉とビールを合わせる(分量は不掲載)が、うちでは手軽に天ぷら粉を使っている。
 我が家の魚宴会で出したら好評で、冬でもリクエストされる定番料理(谷中生姜は初夏~夏しか売ってないので冬はできません)。この週末、博多出身の友人が遊びに来たのでこれを出したら、珍しがり、喜んで食べてくれた。

d0143592_392147.jpg■谷中生姜と豚肉のフリッター:材料
  • 谷中生姜・・・(茎が太くしっかりしたものを小分けして)8本
  • 豚ロース薄切り・・・4枚
  • 塩胡椒・・・適量

  • 小麦粉・・・少々
  • 天ぷら粉・・・1カップ
  • ビール・・・120cc
  • 塩胡椒・・・適量
■作り方:
  1. 谷中生姜を茎ごとに切り離し(茎がしっかりしているものだけを使う)スプーンで根元の皮を薄くこそげ落とす。茎は盛り付ける器と同じ長さに(先端を)切る。葉っぱを残すと見た目がきれい。
  2. 豚ロースを長さ半分に切り、両面に塩胡椒する。
  3. 谷中生姜の根元に豚肉を巻きつける。
  4. 肉全体に薄く小麦粉をはたきつける(衣を絡みやすくするため)。
  5. 天ぷら粉にビールを少しづつ加え、もったりするくらい濃い目に溶いて塩胡椒する。
  6. 天ぷら鍋に油を熱し(160~170℃)、谷中生姜に衣をたっぷりつけ、油に入れてくるくるまわし、形を丸く整える。茎を持ったまま色よく揚げる。
    ※茎を鍋の縁にかけて揚げると柔らかくなってしまうので、手で持ったまま揚げるか、天ぷら鍋に油よけがついていれば、立てかけると良い。
  7. 器に盛り、スダチかレモンを添える。

 豚肉は脂が多すぎるとくどくなるし、まったくないとパサつく。脂が少しついたロースが柔らかくて良く合うと思う。衣にビールを使うと、表面カリッと中はふわっと揚がる。アルコール分は完全に飛ぶが、ビールの香りは残るので、子供向けには無糖炭酸水を使うと良い。衣が余ったら、好みの野菜やイカ、エビなどを揚げても美味しい(画像一番下はマルイカのゲソを揚げたもの)。オニオンリングの衣にしてもバッチリ。
 この料理を歯の弱い人に出す場合は、生姜に浅く切り目を入れておくか、茎を切り落として使い、揚げあがりを斜め半分に切って盛り付けるなど、一工夫欲しいところ。
 簡単で美味しく、見た目も楽しいので、これからのビールシーズンに是非お試しあれ。
by abukamo | 2008-04-22 05:33 | 料理ノート | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://abukamo.exblog.jp/tb/7754638
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by とうちゃん at 2008-04-23 19:49 x
このネタ待ってました!かえる亭で頂いた日の衝撃は忘れられまっしぇん!(ぎょーらしい?)ここ博多でも谷中生姜をみかけるようになりましたよ。昨年トライしたけど、固かった...歯は強いつもりだったのに(;_;)。今度は切り目を入れてトライしてみます!
Commented by abukamo at 2008-04-23 20:45
はいはーい、とうちゃんのリクエストにお応えさせていただきましたよ! そうか、博多でも谷中生姜売るようになったのかぁ。谷中生姜が固かったのは、もしや皮を剥いてなかったのでは?(私もやったことあるんで^^;)それとも博多の谷中生姜はもともと固いのかねぇ。
Commented by 有さん at 2008-04-30 22:57 x
うちの嫁さんが定期的にここを見ているようで、今日も隣で"うちにも同じ皿があるけど、こんな立派な料理を皿に盛ったことがない.."と言っておりました。他も谷中ショウガがどうのこうの..とか話しかけられたけど、仕事中だったので右の耳から入って左から抜けました。こっちに書き込むかと思ったけど、まだ書き込んでないみたいですね~。
Commented by abukamo at 2008-05-01 02:07
おおっ、有さんちにもおんなじお皿がありますか!これ結婚祝いにだんなのお友達に2枚セットでいただいたんですよ。大人数の来客のとき、遠くからでも手を伸ばしやすいし、板皿って結構使いやすいんですよね。
有嫁さーん、見てくれてありがとう!あんまり人の来ないブログなのでシーンとしてますが^^;いつでも気軽に書き込んでくださいまし。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 黄金のキモ イカ大根のわた煮 鯛めし マダイ一匹食べつくす >>