釣りと魚料理
by abukamo
カテゴリ
全体
はじめに
あぶかもについて
釣り
魚料理
料理ノート
おしらせ
カテゴリなし
以前の記事
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
more...
タグ
(70)
(30)
(28)
(26)
(25)
(25)
(25)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(15)
(14)
(13)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)
(1)
検索
最新のトラックバック
炙りしめサバ寿司
from イルンに居るんデス
あぶかもさんちのカツオ料理。
from エーゲ海のひとりごと。
ここ最近食べていたもの。
from 酒とコーギーと男と女
イカと格闘!!
from 小確幸探し
鯖寿司
from 旦那の夕餉
海鮮シュウマイの夜。
from なまけものってすごい......
パスタVOL..2
from パスタ
神茂のおでん
from 酒とコーギーと男と女
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
フォロー中のブログ
OKANの素
酒とコーギーと男と女
おかしな生活
HanaTayori
60年後のロミオとジュリエット
プランタゴな毎日 pla...
美しき因果応報
三文釣師の釣行記とか
ツジメシ。プロダクトデザ...
続*ジャスミンの料理手帖 
en´s Active...
旦那の夕餉
エーゲ海のひとりごと。
外部リンク
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
マルイカのイタリア風詰めもの
d0143592_413256.jpg マルイカの季節がやってきた。マルイカはケンサキイカの子供で、メトイカとも呼ばれる。イカの呼び名は地方によって違うのでややこしい。佐賀・呼子の名物ヤリイカは、実はケンサキだ。ケンサキは千葉ではアカイカ、山陰ではシロイカと呼ばれたりする。

 昨年はマルイカがほんとによく釣れて、だんなが午前だけで120ぱい釣った、なんてこともあった。そんなに釣って食べきれるの?と思われるかもしれないが、ご近所、親戚、友人におすそ分けすると「柔らかい、美味しい、さばきやすい」で大好評。毎回あっという間に売り切れてしまうのだ。マルイカは一度冷凍したものを解凍すると、皮がつるりと簡単に剥ける。これはちょっと感動ものだ。イカは冷凍しても比較的味が落ちにくいので、皮を剥いた料理にするときは、いったん凍らせることにしている。

 マルイカの小さいものは掌に乗るほどの大きさで、煮ても焼いても固くならないので、うちでは火を通して食べることが多い。イタリア風詰めものは「ワインのおつまみ イ・タ・リ・ア・風」という、やや軟派なタイトルの本に載っていた料理(以下の作り方は多少アレンジしてます)。かの名店アクアパッツァ(って行ったことはないけど)、日高シェフの本だ。もう10年も前の本なので絶版になっているが、手軽でセンスの良い料理と、それに合うイタリアワインがセットで載っている。
 マルイカの詰めものも簡単で、見栄えがよくて美味しい。よくたたいたイカのゲソとパン粉、ハーブを合わせてイカの胴に詰め、白ワインとトマトソースで煮込んで作る。オリジナルのレシピにはトマトの水煮缶で、とあるが、うちではトマトソースを使う。市販のもので十分だが、生のトマトから作ったソースなら、フレッシュでより美味しい。

■マルイカのイタリア風詰めもの:材料
  • マルイカ…6ぱい
  • パン粉…大さじ3
  • タイム(生)…一枝(生がなければドライでも可)
  • おろしニンニク…少々
  • オリーブオイル…大さじ1
  • 野菜ブイヨン(顆粒)…小さじ1
  • 白ワイン…120cc
  • トマトソース…カップ1
  • 塩こしょう…適量
■作り方:
  1. マルイカの胴から足と内臓とホネを抜き、皮を剥く。目とクチバシをはずし、さっと洗って水気を拭いておく。
  2. イカの足を包丁で細かくたたいておく。
  3. イカの足、パン粉、タイムの葉、おろしニンニク、オリーブオイル、塩こしょうを合わせ、イカの胴に八分目くらい詰める。口を楊枝で留めておく。
  4. 鍋にオリーブオイルを熱し、(3)のイカをソテーする。
  5. 白ワインを注ぎ、フツフツと煮てアルコール分をしっかりとばす。
  6. トマトソースと野菜ブイヨンを加え、沸騰したら火を弱め、蓋をして水分がほとんどなくなるまで煮込む(15~20分)。
  7. 塩こしょうで味を調える。
 今回は、画像の通りペペロンチーノを添えてみたが、サフランライスも合う。これにサラダでもあれば、ちょっとしたおもてなしランチにぴったり。もし、来客に出すのに、おろしニンニクはちょっと...という場合は、ガーリックパウダーをちょっぴり使うと良い。ハーブもタイムだけでなく、バジルやオレガノを加えても。
 ちなみに、この料理には、がぶがぶ飲めるカジュアルな白ワインが合うそうだ。爽やかな初夏、戸外のテーブルでワインと美味しいイカ料理に舌鼓。あぁ、下戸な自分がうらめしい。
by abukamo | 2008-04-28 07:27 | 魚料理 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://abukamo.exblog.jp/tb/7792905
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 有さん at 2008-05-19 22:17 x
昨日、 マルイカのイタリア風詰め物が我が家の食卓に上りました。
本当は大カエルさんに頂いたものを使えばタイムリーなんだけど、
松輪港で買ったものを使用しました。10ハイ1000円なり。うーん高い。

カミさんにしては上出来だと思ったのだけど、なんでも”あぶかも”の
レシピを見て作ったのこと。なるほど丁寧にレシピを紹介してあるので、
料理下手なカミさんでもオッケーだったようです。

かえるさんみたいに綺麗に盛りつけられないけど、味はいいでしょう..
と言って食卓に出されました。確かに美味しい、美咲もバクバク食べて
ました。頂いた冷凍マルイカも、この料理で再登板決定でしょう..。

頂いたマルイカ、食べるの楽しみにしています。
(どうもご馳走さまでした)

Commented by abukamo at 2008-05-20 00:39
昨日はご挨拶だけでしたが、お久しぶりでした。有さんちょっと精悍になったような気がしましたよ。テニスで絞ってるからかな?
マルイカのレシピ、お役に立てたようで私もうれしいです!^^(実際に作りました、ってコメントはなかなかないんですよー。マニアックな材料を使うことが多いから仕方ないかな^^;)
マルイカ、火を通すと小さくなってしまうけど、詰め物すると意外と食べ甲斐があるんですよね。

しかし、松輪のメトちゃんは1パイ100円かぁ。季節のものだし、美味しいので価値はあると思うけど、やっはり高いですねぇ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 筍づくし週間 黄金のキモ イカ大根のわた煮 >>