釣りと魚料理
by abukamo
カテゴリ
全体
はじめに
あぶかもについて
釣り
魚料理
料理ノート
おしらせ
カテゴリなし
以前の記事
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
more...
タグ
(70)
(30)
(28)
(26)
(25)
(25)
(25)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(15)
(14)
(13)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)
(1)
検索
最新のトラックバック
炙りしめサバ寿司
from イルンに居るんデス
あぶかもさんちのカツオ料理。
from エーゲ海のひとりごと。
ここ最近食べていたもの。
from 酒とコーギーと男と女
イカと格闘!!
from 小確幸探し
鯖寿司
from 旦那の夕餉
海鮮シュウマイの夜。
from なまけものってすごい......
パスタVOL..2
from パスタ
神茂のおでん
from 酒とコーギーと男と女
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
フォロー中のブログ
OKANの素
酒とコーギーと男と女
おかしな生活
HanaTayori
60年後のロミオとジュリエット
プランタゴな毎日 pla...
美しき因果応報
三文釣師の釣行記とか
ツジメシ。プロダクトデザ...
続*ジャスミンの料理手帖 
en´s Active...
旦那の夕餉
エーゲ海のひとりごと。
外部リンク
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カツオ 茶ゆで節でカツオご飯
d0143592_16413814.jpg
 カツオのほうじ茶茹でにハマっている。以前ヒラソーダで作ってみておいしかったので、本ガツオでもやってみたら、脂がのっててさらに美味。友人に送ったところ好評で、父上のお好きな「かつお缶」の味、とのこと。かつお缶とはおそらくシーチキン(ツナ缶)のことを指しておられると思うが、まさにそんな感じ。臭みがまったくなく、しっとりとやわらかく食べやすい。ほうじ茶の力は偉大なり。

 先週末もだんながカツオ大漁で、クーラーにぎっしり10本ほどお持ち帰り。大型は1本で後はやや小ぶりだったが、脂はそこそこのっている。大量にタタキにして冷凍したが、それでもまだ4本分(サクにして15本)くらいあったので、まとめて大鍋でほうじ茶ゆでにしてみた。

d0143592_1792259.jpg 作り方はヒラソーダの時とまったく同じ。ガーゼとタコ糸で包んで、やや濃い目に淹れたほうじ茶5に対し醤油を1加えたたっぷりの煮汁に入れ、沸騰したらアクをとり、やや火を弱めて5分煮て火を止める。蓋をして冷めるまでそのまま置いておく。そのまま食べるなら、ガーゼを取り除き、スライスして器に盛り、茹で汁を少々張る。
 「新味新鮮 魚料理」には書かれていないが、ガーゼで包むのは皮をきれいに仕上げるためと思われる。ためしに包まずにやってみたことがある。茹で汁から引き上げるときに皮がはがれて見た目がイマイチになってしまったが、それ以外は特に出来上がりに違いはない様だった。面倒ならそのまま茹でても良いだろうし、ツナ缶のように調理に使うなら皮を引いてから茹でても良いと思う。

 さて、このほうじ茶茹での茹で汁がたっぷりあって、冷蔵庫から取り出すと煮こごってトロトロ状態。カツオの旨みが濃く出ていて捨てるのはもったいない。ほんの少しほうじ茶の渋みもあるので薄めてスープというわけにもいかないし、いろいろ考えた末、炊き込みご飯の味付けに使うことに。しめじや人参、カツオの身も加えたら、カツオのダシがしっかり効いたおいしい炊き込みご飯ができあがった。ほうじ茶の渋みも気にならない。

 米3号は研いでザルにあげて30分ほど置く。しめじをほぐして酒、醤油少々をふりかけておく。米を炊飯器の釜に入れ、茹で汁をカップ1、酒大匙2を加え、普通の水加減になるように水を足す。塩小さじ1弱、昆布5cm角を1枚、千切りの人参1/2本分、生姜の千切り1カケ分、皮を取り除いてほぐした茶茹でのカツオを1本、ゴマ油小さじ1を加えてスイッチを押す。沸騰したら、しめじを加えて炊き上げる。10分ほど蒸らして茶碗に盛り、大葉の千切りを添える。

 ほうじ茶茹でのカツオは、ほぐしてトマトソースに加え、さっと煮てパスタと和えてもおいしいし、油とも相性が良いのでマヨネーズで和えても良い。少し醤油の味がついているが、ほとんどツナ缶と同じように使える。カツオが大漁で処理に困っている方は、ぜひお試しください。
by abukamo | 2008-09-19 17:50 | 魚料理 | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://abukamo.exblog.jp/tb/8635775
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 気まぐれな魚たちを相手に at 2009-09-13 22:24
タイトル : 結果発表
りえぽんから「カツオ大漁」のメールがあり、たまには料理デモするか!と気合だけでやってみたあぶかもさんのレシピを何度も見たはずなんだけどね・・・結局料理って、性格が出るから(ーー;)一休のマスターがカツオを捌く横で、「お魚咥えたドラ猫」状態で1匹分を頂く。カツ...... more
Commented by みかんのおばちゃん at 2008-09-21 06:36 x
ほうじ茶でご飯を炊くというのは、私にとっては普通のことです。勿論鰹の美味しい出汁は入ってませんが、田舎の辺り(和歌山・奈良)では、お粥はお茶でが普通です。私の家ではずっとほうじ茶。お米からでも、途中で冷ご飯を加えるにしてもお茶です。普通のお粥のほうに白粥と言うくらいで、朝御飯の定番です。
Commented by abukamo at 2008-09-21 11:27
へぇぇ!そうだったんですか>ほうじ茶でご飯
炊飯もだけどお粥もお茶で、ってのははじめて知りました。
ちょっと調べてみたら、いわゆる「茶めし」はお醤油を入れて炊いたご飯のことだと思っていましたが、お茶だったんですね。
うちも魚のズケのお茶漬けはほうじ茶が定番です。臭みをとってくれて、さっぱり食べられるので。
ほうじ茶のお粥、さっぱりしておいしそう。やってみますね。
Commented by みかんのおばちゃん at 2008-09-21 16:01 x
簡単に作るなら鍋でほうじ茶を温め、塩を少々入れ、残りご飯をぶち込み
華が咲くまで割りと強めの火で炊いて、火を止め、しばらく置きます。熱すぎて火傷しますから。で、暑いの苦手ならお茶碗に冷たいご飯を少しいれて、その上にかけるという猫舌さん向けの食べ方もあります。おかずは沢庵か金山寺味噌?!
Commented by abukamo at 2008-09-21 19:36
なんとおいしそうな!そのレシピはお粥というかお茶の雑炊なんですね。簡単だし、これからの季節にぴったり。朝ごはんの定番、てのもうなずけます。ほうじ茶、安くて使えますねー。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 白だしで作る小松菜のお浸し キハダマグロ 血合煮 >>