釣りと魚料理
by abukamo
カテゴリ
全体
はじめに
あぶかもについて
釣り
魚料理
料理ノート
おしらせ
カテゴリなし
以前の記事
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
more...
タグ
(70)
(30)
(28)
(26)
(25)
(25)
(25)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(15)
(14)
(13)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)
(1)
検索
最新のトラックバック
炙りしめサバ寿司
from イルンに居るんデス
あぶかもさんちのカツオ料理。
from エーゲ海のひとりごと。
ここ最近食べていたもの。
from 酒とコーギーと男と女
イカと格闘!!
from 小確幸探し
鯖寿司
from 旦那の夕餉
海鮮シュウマイの夜。
from なまけものってすごい......
パスタVOL..2
from パスタ
神茂のおでん
from 酒とコーギーと男と女
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
フォロー中のブログ
OKANの素
酒とコーギーと男と女
おかしな生活
HanaTayori
60年後のロミオとジュリエット
プランタゴな毎日 pla...
美しき因果応報
三文釣師の釣行記とか
ツジメシ。プロダクトデザ...
続*ジャスミンの料理手帖 
en´s Active...
旦那の夕餉
エーゲ海のひとりごと。
外部リンク
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
マグロ目玉の黒酢煮
d0143592_7562380.jpg
 親戚のYさんにマグロの目玉(冷凍)をいただいた。Yさんももらったものだと言うが、グロテスクな見た目と大きさに恐れをなし、我が家で食べてもらおう、となったらしい。目玉の大きさはソフトボールくらい、かなりデカい。

 とにかくなんとか料理してみようと一日かけて冷蔵庫で解凍すると、驚いたことに目玉の正体は、脂肪の塊だった。
 マグロの目玉にDHAが豊富なのはよく知られている。正確に言うと目玉のまわりの脂肪に多く含まれているのだ。しかし、いくら頭がよくなるとはいえ、こんなにすごい脂をどうやって食べたら良いだろう。ネットで調べると3回ほど湯通しして脂を抜き、煮付けにするのがもっとも一般的で、これくらい大きいとオーブン焼きではちょっと臭みが気になるようだ。色々考えた末、少しでも脂をさっぱりとさせようと黒酢を加えて煮ることにした。

d0143592_1328798.jpg材料と作り方:
マグロの目玉(冷凍)…一対(2個)
生姜…大1カケ以上

黒酢…50cc
酒…100cc
みりん…100cc
砂糖…大さじ4~5(味をみて増減)
醤油…100cc
水…300cc

※うちではみりんのかわりに赤酒を使用し、砂糖は大さじ2でやってみた。

  1. マグロの目玉を冷蔵庫で解凍する。
  2. 表面の血などを流水でさっと洗い、水気を切っておく。
  3. 目玉が浸る大きさの鍋に湯を沸かし、熱湯で2~3分湯通しする。(取り出すときは熱いので火傷に注意!)
  4. (3)を計3回行う。目玉おやじはお風呂好き、と覚えておこう。
  5. 生姜の2/3量を薄切り、残りをせん切りにして水にさらす(針生姜)。
  6. 鍋に黒酢~水を入れ、煮立ったら目玉を入れる。お玉で煮汁をすくって目玉に何度かかけ、アルミホイルを全体にかけてフタをしてやや強めの火で20分ほど煮る。途中何度かアクをとりながら煮汁をまわしかけ、煮詰まってきたら酒少々(分量外)を加えた水を1カップ程度さして再び煮詰める。
  7. ほどよく煮詰まったら火をとめ、そのまま30分ほど置いておく。
  8. 器に盛り、針生姜を添える。

 できあがったのが上の画像。中途半端に寄って撮ると、UFOの墜落現場に落ちていた宇宙人の死体写真のようになってしまうので、裏側からと、やや引きで撮ってみた。
 しかし、いざ食べようと、目玉を覆っていた半透明のコップ状の骨を取りのぞいてみると、あらら結構おいしそうじゃないの!ちゃんとまともな料理に見える(写真撮ってないけど)。

 食べてみて驚いた。たしかに脂はすごいけど、コップの底から現れた赤身の肉はしこしこ。これはおいしい!何かに似てるなと思って考えたら、そうそう、牛テールみたいだ。そう思えば料理方法もまだいろいろありそうな気もする。

  煮汁に加えた黒酢はさっぱり感とコクを与えてくれて、かなり良い味になっていた。二日目はさらにコクが増して深い味わいに。しかしやはり脂がすごい。煮汁と分離した脂が5mmくらい(いや、もっとか?)の層になって浮いている。目玉1個につき4、5人でつつくぐらいがこの料理の適量では、と思われる。

 目玉2個で300円くらいと、かなりリーズナブルな食材、マグロの目玉。そろそろ忘年会シーズンだし、興味のある方は自宅宴会の際などにチャレンジしてみてはいかがだろうか。
by abukamo | 2008-11-17 14:41 | 魚料理 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://abukamo.exblog.jp/tb/8934305
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 柿と生ハムのオードブル 白身魚の柚子ゴマ味噌焼き >>