釣りと魚料理
by abukamo
カテゴリ
全体
はじめに
あぶかもについて
釣り
魚料理
料理ノート
おしらせ
カテゴリなし
以前の記事
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
more...
タグ
(70)
(30)
(28)
(26)
(25)
(25)
(25)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(15)
(14)
(13)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)
(1)
検索
最新のトラックバック
炙りしめサバ寿司
from イルンに居るんデス
あぶかもさんちのカツオ料理。
from エーゲ海のひとりごと。
ここ最近食べていたもの。
from 酒とコーギーと男と女
イカと格闘!!
from 小確幸探し
鯖寿司
from 旦那の夕餉
海鮮シュウマイの夜。
from なまけものってすごい......
パスタVOL..2
from パスタ
神茂のおでん
from 酒とコーギーと男と女
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
フォロー中のブログ
OKANの素
酒とコーギーと男と女
おかしな生活
HanaTayori
60年後のロミオとジュリエット
プランタゴな毎日 pla...
美しき因果応報
三文釣師の釣行記とか
ツジメシ。プロダクトデザ...
続*ジャスミンの料理手帖 
en´s Active...
旦那の夕餉
エーゲ海のひとりごと。
外部リンク
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ずわい蟹がやって来た!
 やって来た、と言っても蟹が自分で歩いてきたわけではない。金沢から出張がてらカワハギ釣りをしようとやって来たのはだんなの釣友Kさん。ずわい蟹はそのKさんのお土産だ。これが宿泊料だとすると、我が家はかなりの高級旅館ということになる(少々魚臭いけど)。
d0143592_1334996.jpg
 当日だんなが釣ってきたアマダイ、イトヨリ、それに外道の大型カワハギ、冷凍してたスミイカ、カツオのタタキなどでKさんをもてなす。出した料理はほとんどこのブログで紹介したものばかり(よって写真は撮らず)。出しても出してもどんどん食べてもらえて、作った甲斐があった。

 さて、肝心の蟹。今回はちょっと数があったので、茹でるのと蒸すのと両方やってみた。茹でたものはそのままいただき、蒸したものはちょっと手を加えて贅沢な蟹料理に。

 まず、茹で方。大鍋にたっぷり水を張り、塩を加える。塩加減は、通常は1Lにつき30g。天日塩を使用する。結構しっかりした味になるので、すぐに食べる場合は少し控えめにしても良いだろう。塩を溶かして鍋を火にかける。
 蟹はタワシで両面を洗っておく。鍋の湯が沸いたら、甲羅を下にして蟹を入れ、再沸騰して20分茹でる(小さいものは15分)。ただし、蟹が活きている場合は水から入れる(熱湯に入れると脚が取れてしまうので)。茹でる途中で蟹が浮き上がってくるので、落し蓋をする。火加減は中弱火。茹で上がったらザルに取り出し、顔を下にして冷ます。じゅうぶん冷めたら冷蔵庫で保存。2日はおいしく食べられる。

 次に蒸し方。蒸し器に湯を沸かす。十分に湯気が上がったら、セイロに甲羅を下にして蟹を入れてセットする。火加減は終始強火7分ほど蒸してバットに取り出し、甲羅を下にして冷ます。粗熱がとれたら清潔な濡れ布巾をかけて乾燥をふせぐ。この状態で涼しい場所に3時間ほど置いてから冷蔵庫に入れる。塩を使っていないので、早めに加工して食べる。

 ちなみに、蟹の甲羅は蒸したほうがツヤツヤで美しい。甲羅を飾りに使いたいときは蒸したほうが良いかも。また、生のずわいの甲羅についている黒くて丸いものはカニビルの卵だそうだ。目利きの際、これがたくさんついているものは身が詰まっておいしいとされる。加熱するときれいに取れる。

d0143592_15132197.jpg ついでにかに酢の作り方を。だんながかに酢を使わないので最近はあまり作らなくなったが、わたしは結構好き。カニカマの和え物などにも。
 昆布だし100cc、米酢大さじ5、薄口醤油大さじ2、みりん大さじ1、砂糖大さじ1.5を鍋に入れて沸かし、かつおぶしを半つかみ加えて火を止める。かつおぶしが沈んだら濾してできあがり。甘さは好みで加減する。

 ところで、カワハギ釣りに行ったKさん。風邪ぎみというのに、強風でうねりまくりの海でカワハギをたんまり釣って帰って行った。お疲れ様です。
 その夜はだんなと蟹パーティ第一弾。とりあえず、茹でたずわい蟹を1杯づついただく。繊細な脚の肉、パラパラほぐれる爪の肉、しっとりジューシーな胴の肉。そしてたっぷりのかにみそ…。なんという贅沢だろうか。めまいがするほど美味な蟹でお腹がいっぱいになるなんて。
 ありがとうKさん。またカニさん連れて来てね(おいおい)。

 さて、次は蒸し蟹を加工した料理です。
by abukamo | 2008-12-01 15:38 | 魚料理 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://abukamo.exblog.jp/tb/9000101
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by okashina-s at 2008-12-02 16:38
abukamoさんこんばんは~♪
蟹はこうやって調理するんだ~~と
だんなさまのお父さんが市場で主に蟹を扱っているので、冬になれば何度も何度も蟹がやってきて・・・
そのうちみんな「もう蟹はいい・・・・」になるんです
でもやっぱり蟹はおいしいですね♪
かに酢の作り方にへぇ~~です
今度蟹を食べるときは作ってみよ~う♪
カワハギたぁ~~くさん釣れたんですね
久しぶりにカワハギが食べたいなぁ~~
次のお料理も楽しみにしていま~す(^v^)
Commented by abukamo at 2008-12-02 23:26
RUIさん、こんばんは。^^
お義父様は蟹専門ですか!う、うらやまし~。
うちは年に1,2度でしょうか。
釣友にいただくのと、お正月にだんな実家でいただくのと(たらば蟹)。
蟹味噌なんておいしすぎて、なんだか申し訳ないような気分になります。
でも、ときどき無性に食べたくなるんですよねぇ。

カワハギは今年は良いみたいですね~。
肝パンパンな良型カワハギが毎度釣れるので、これはこれで
ちょっと困ったり。^^;
前回は肝好きな親戚にあげたのですが、「これは未成年には食べさせ
られん。大人専用!」とか言ってました。
肝ディップにして野菜スティックを食べたそうです。^^;
蟹味噌もカワハギの肝も食べ物としては濃厚かつ美味すぎるんですよねぇ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 蟹のみどり酢和え&かにみそ豆腐 大根のポタージュ >>