釣りと魚料理
by abukamo
カテゴリ
全体
はじめに
あぶかもについて
釣り
魚料理
料理ノート
おしらせ
カテゴリなし
以前の記事
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
more...
タグ
(70)
(30)
(28)
(26)
(25)
(25)
(25)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(15)
(14)
(13)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)
(1)
検索
最新のトラックバック
炙りしめサバ寿司
from イルンに居るんデス
あぶかもさんちのカツオ料理。
from エーゲ海のひとりごと。
ここ最近食べていたもの。
from 酒とコーギーと男と女
イカと格闘!!
from 小確幸探し
鯖寿司
from 旦那の夕餉
海鮮シュウマイの夜。
from なまけものってすごい......
パスタVOL..2
from パスタ
神茂のおでん
from 酒とコーギーと男と女
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
フォロー中のブログ
OKANの素
酒とコーギーと男と女
おかしな生活
HanaTayori
60年後のロミオとジュリエット
プランタゴな毎日 pla...
美しき因果応報
三文釣師の釣行記とか
ツジメシ。プロダクトデザ...
続*ジャスミンの料理手帖 
en´s Active...
旦那の夕餉
エーゲ海のひとりごと。
外部リンク
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
トラギスのさつま揚げ(2)
d0143592_2051748.jpg
 あぶかも練り物工場稼働率高し。週末ごとにキッチンに押し寄せるトラギスの群れ、フードプロセッサーは連日煙をあげんばかりに回転中。いっそ自分の名前を「すりみちゃん」に改名しようかとさえ思う今日この頃(しないけど)。
 というわけで、またしてもトラギスのさつま揚げの登場である。さすがに味のブレもなくなり、満足のゆく出来になってきた。しかし、課題はまだある(後述します)。

 今回の撮影担当はだんな。これまでも手が足りないときに度々頼んでいたのだが、こちらの意図とは違う面白い画を撮ってくれることが多い。手ブレが少なく、明るさなどの補正も不要。というわけで、カメラマンとして今後もちょくちょく活躍してもらうことにした(タダ働き)。

 では、まずは当練り物工場謹製の出来立てさつま揚げ画像をたっぷりご覧ください。
d0143592_214313.jpg
d0143592_2144326.jpg
d0143592_2145291.jpg
d0143592_215878.jpg

 以上、さつま揚げギャラリーでした。

d0143592_0271190.jpg 今回使った魚はトラギスにカナド少々。魚肉量は正味850g。作り方、調味料は前回とほとんど同じ。ただし、砂糖は前回よりやや多めにしてみた。

 作ったさつま揚げは三種類。まず、平たくて丸い、丸天。すり身にパン粉をまぶしたコロッケ風、そして野菜天。野菜天には新ごぼうの千切りと、玉ねぎのみじん切り、青ねぎの小口切り、それに枝豆(タイ産の冷凍もの)をたっぷり入れた。

 野菜天はかなり美味!ぷりぷりのすり身にごぼうや枝豆が良いアクセントに。コロッケ風はパン粉がカリカリしていて、揚げたては特に美味。もちろん冷めてもおいしい。

d0143592_029665.jpg しかし、丸天はちょっと問題がある。まず、丸天について簡単に説明しておこう。
 丸天というのは、博多でよく食べられているさつま揚げ(天ぷらと呼ばれる)の一種で、プレーンなすり身を平たく丸くして揚げたもの。対して四角いさつま揚げは角天という。丸天はうどんに乗せて丸天うどん、角天は細切りにして煮物や汁物などに使われることが多い。チャンポンにもよくこれが入っている。
 丸天も角天も薄くてふんわりやわらかいのが特徴。ところが、わたしが作った丸天はできたては柔らかいが、冷めると固くなり、食感もキチッとして竹輪に近い。これは揚げる温度や時間がまずいのか、それともすり身段階で柔らかくする工夫が必要なのだろうか。

d0143592_3355347.jpg さて、その問題の丸天をうどんに乗せて丸天うどんにしてみた。やはりうどんに乗せる具としてはちょっと固い。もう一品、青野菜と煮びたしにしてみたら、少々煮込んでもくたびれず、ちょうど良い感じだった。

 ところでこのさつま揚げ、毎回ちょっと作りすぎでとても二人では食べきれない。先週は実家に送り、今回はさつま揚げを「天ぷら」と呼ぶ同郷の友人に送って味見してもらうことに。冷静な感想を聞いて、次回に活かしたいと思う。練り物もなかなか奥が深い。
by abukamo | 2009-01-23 05:00 | 魚料理 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://abukamo.exblog.jp/tb/9238094
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by chiroru-pu at 2009-01-23 20:03
初めまして。
ふぐババア…いえ エイトビー様方よりやって参りました、ちろるです。
画像の美しさもさることながら、実にパワーを感じます。綺麗なだけの
ブログさんもいいのですが、クチに入る物に関してはやはり「パワー」
は必要不可欠。拝見しているだけで健康になって2キロは太る気がして
います(戦々恐々)ごちそうさまでした(ただ食い)
Commented by abukamo at 2009-01-23 21:49
お~!ちろるさん、どうもです!ようこそいらっしゃいました。
わたしもちろるさんのブログやサイトに何度かオジャマしましたが、
もう少しじっくり拝見してから書き込もうかなぁと思ってました。
サイトのエッセイ、すごく読ませますね~。
ちろるさんの言語能力には舌を巻くばかりです。
ふぐさんとこへの切れ味するどいツッコミコメントのウラにも
ちろるさんの愛を感じております(ということにしておこう!^^;)
今後ともどうぞ夜露死苦です。^^
Commented by yamatogokoro-mi at 2009-01-24 18:22
はじめまして。
ふぐママのところよりやってまいりました、ちろるさんの妹(多分)
かぁちゃんです。ほんとにすっかり見入ってしまい、こっそり
お気に入りにしておりましたが、リンクいただいて帰ります♪
ウチもたまに釣りをしますんです。トラギスのさつま揚げは
まるで市販品のような美しさ!美味しそう~!
ベラはいつも苦戦しています。つみれにしたり。冷汁が意外と
美味しく食べられたのが最近の発見です。

大文字さんあたしもたまに利用してます。行くと必ず何か
買ってしまいます。もしまだでしたら、九段下の花田さんも
普段使いに最適な器が見つかると思います♡ 
また遊びに来ますね。
Commented by abukamo at 2009-01-25 00:20
yamatogokoro-miさん、ようこそ!^^
ふぐさんのところでお名前&コメントは拝見しておりました。
ちょっとだけブログ拝見しましたが、かえるコレクターでいらっしゃるようで。^^うちにもいたるところにかえるがいますよ~。
それに、釣りをなさるんですね。ベラは釣りたてをすぐに塩焼きにするか、ちょっと水気が多いのでカラカラに干すとおいしく食べられますね。でも、困ったことに九州で食べたときほど関東のベラはおいしく感じないのです。ベラ以外はそんなことは感じないので不思議なのですが。明石や久里浜のタコが格別おいしいように、海のものには地域性があるんでしょうかね。
でも、トラギスで作る練り物は大変おいしいので、身質からいっておそらくベラでもおいしくできると思います。ベラの冷汁はやったことありませんが、やわらかい身を冷たい汁でしめるのはアリでしょうね!^^ ぜひ試してみたいです。

それと九段下の花田さん、今ちょっとサイトをのぞいてみました。とっても良さそうですね!今度行ってみます。良いこと教えていただいてありがとうございます。^^
yamatogokoro-miさんのブログにもまたゆっくりお邪魔させていただきます。今後ともどうぞよろしく!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< さつま揚げ&かまぼこの作り方 ... モダマ三種 >>