釣りと魚料理
by abukamo
カテゴリ
全体
はじめに
あぶかもについて
釣り
魚料理
料理ノート
おしらせ
カテゴリなし
以前の記事
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
more...
タグ
(70)
(30)
(28)
(26)
(25)
(25)
(25)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(15)
(14)
(13)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)
(1)
検索
最新のトラックバック
炙りしめサバ寿司
from イルンに居るんデス
あぶかもさんちのカツオ料理。
from エーゲ海のひとりごと。
ここ最近食べていたもの。
from 酒とコーギーと男と女
イカと格闘!!
from 小確幸探し
鯖寿司
from 旦那の夕餉
海鮮シュウマイの夜。
from なまけものってすごい......
パスタVOL..2
from パスタ
神茂のおでん
from 酒とコーギーと男と女
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
フォロー中のブログ
OKANの素
酒とコーギーと男と女
おかしな生活
HanaTayori
60年後のロミオとジュリエット
プランタゴな毎日 pla...
美しき因果応報
三文釣師の釣行記とか
ツジメシ。プロダクトデザ...
続*ジャスミンの料理手帖 
en´s Active...
旦那の夕餉
エーゲ海のひとりごと。
外部リンク
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カツオの香ばし焼き バルサミコソース
d0143592_833127.jpg
 これは先週の夕食に作った料理。
 先々週は自治会のためだんなの釣りはお休み。冷蔵庫に魚がない1週間、冷凍庫の備蓄を消費するチャンスだ。しかし、いかに-60℃の冷凍庫といえど、3ヶ月前のカツオのタタキをそのまま食べるのはちょっと抵抗がある。ゴマや木の実をまぶしてさっと焼きなおし、バルサミコソースでいただく。

 もとはといえば、だいぶ前にCSのフーディーズTVで見たマグロ料理の映像。番組スポットなので、詳しい説明はなし。生のマグロにいろんなものをまぶしてフライパンで焼き、さらにオーブンで焼いてソースを添えてあった。すごくおいしそうだったが、材料や詳しい作り方、味も想像するしかない。カンを頼りに何度か作ってみたら、結構おいしく出来るようになった。

d0143592_96994.jpg 冷凍したカツオのタタキを表面が少し柔らかいくらいまで解凍する。中はまだ少し凍っていたほうが都合が良い。
 白ゴマ、黒ゴマを煎り、マスタードシードと木の実もさっと煎るかオーブントースターでさっと空焼きする。今回は余りもののアーモンドスライスを使ったが、本当はダイス状のほうが良い。くるみや松の実なども合う。空焼きしたら、細かく切って、ゴマと合わせておく。

 ここで、ソースをあらかた作っておく。バルサミコ酢、赤ワイン、砂糖少々、生姜の絞り汁を小鍋に入れ、ほぼ半分量になるまで煮詰めて火を止める。2皿分ならバルサミコと赤ワインを50cc、砂糖大さじ1弱、生姜汁を小さじ2くらい。バルサミコ酢はあまり高級なものより安くて酸味の強いもののほうが向いている。生でおいしい高級なものは煮詰めるとちょっと甘くなりすぎる。

 皿に付け合せの野菜などを盛り付け、ここからはタイミング勝負。
 カツオのタタキに小麦粉を薄くはたき、卵白をからめてゴマと木の実を全体にまぶす。フライパンを強火で熱々にしてから中火に落とし、やや多めにオリーブオイルを敷く。カツオを入れ、すべての面をそれぞれ10秒以内焼きつけ、すぐに取り出す。油を切ってスライスし、盛り付ける。スライスするときにゴマの衣がはがれやすいので、よく切れる包丁を使うこと。
 最後の仕上げ。バルサミコソースの鍋を再び火にかけ、バター1カケを加えて溶かす。カツオにソースをたっぷりかけて出来上がり。

 こんがり焼けたゴマ、マスタードシード、木の実がぷちぷちして香ばしい。バルサミコソースに加えた生姜汁が功を奏して、中がまだレア状態のカツオに意外なほど合う。
 衣に使うゴマや木の実は、フライパンで焼く前にちゃんと煎っておくことで、焼き付ける時間を短くでき、香ばしさがしっかり出る。パン粉を加えてもおいしいが、その場合も事前にパン粉を軽く色づく程度に乾煎りしておく。
 火加減を強火のまま焼くと、衣がすぐに焦げてしまうので、必ず熱々に熱してから火を落として焼く。今回はいったんタタキにしたカツオを使用したが、生のサクを使う場合は、焼く時間を若干長めにすると良いだろう。カツオのほか、マグロやイナダでもおいしくできる。
by abukamo | 2009-02-12 16:11 | 魚料理 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://abukamo.exblog.jp/tb/9328736
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yamatogokoro-mi at 2009-02-12 17:53
帰って来てあぁ、お腹減ったなぁ。さーてと、のこの時間に
バルサミコソースとバターとカツオに木の実って活字を
見ただけでもうすっごく美味しそうです。
今度是非作ってみまーす♪
Commented by abukamo at 2009-02-12 21:48
ヤマトくんのかあちゃん様、これ見た目がイマイチですが^^;
結構おいしいんです。ソースも色々やってみたけど、バルサミコ
ソース合うんですよ。カツオ、ゴマと木の実の衣と三位一体で
ウマウマです。
そうそう、おいしい鶏肉をゲットしたので、かあちゃん様のマデラ
ソースにも今度挑戦してみようかと。鶏肉にも合うかな~。^^
Commented by manbo at 2009-02-16 20:11 x
かつおのタタキにオリーブオイルはよく使うけどバルサミコなんて思いつかなかった〜。美味しそう。冷凍庫にはたいがい生協の鰹のタタキがあるので今度ためしてみます。卵白でからめるとこと焼き具合が難しそうだね。
Commented by abukamo at 2009-02-17 00:00
manboさん、どうも!あ、携帯に返信しわすれてた…ごめん。^^;
カツオのタタキにやや甘いバルサミコソースはどうかなぁ、と思ったんだけど
これが意外や意外、合うのです。生姜汁を入れることと、砂糖を普通のバルサミコソースより控えめにすること、安物のバルサミコ酢を使うのが
コツでしょうか。
焼き加減はちょっと工夫が必要です。焼きすぎると中まで火が通ってパサパサになるし。フライパンを強火で熱してから、一旦火加減を落とすか、フライパンを持ち上げるなどして工夫してみてください。
うまくいくと、かなり美味しい洋風カツオのタタキができます。^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< アマダイの若狭焼き おばあちゃんの朝ごはん >>