釣りと魚料理
by abukamo
カテゴリ
全体
はじめに
あぶかもについて
釣り
魚料理
料理ノート
おしらせ
カテゴリなし
以前の記事
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
more...
タグ
(70)
(30)
(28)
(26)
(25)
(25)
(25)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(15)
(14)
(13)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)
(1)
検索
最新のトラックバック
炙りしめサバ寿司
from イルンに居るんデス
あぶかもさんちのカツオ料理。
from エーゲ海のひとりごと。
ここ最近食べていたもの。
from 酒とコーギーと男と女
イカと格闘!!
from 小確幸探し
鯖寿司
from 旦那の夕餉
海鮮シュウマイの夜。
from なまけものってすごい......
パスタVOL..2
from パスタ
神茂のおでん
from 酒とコーギーと男と女
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
お気に入りブログ
OKANの素
酒とコーギーと男と女
おかしな生活
HanaTayori
60年後のロミオとジュリエット
プランタゴな毎日 pla...
美しき因果応報
三文釣師の釣行記とか
ツジメシ。プロダクトデザ...
続*ジャスミンの料理手帖 
en´s Active...
旦那の夕餉
エーゲ海のひとりごと。
外部リンク
ブログパーツ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
マハタ ~ 鍋編
d0143592_845039.jpg

d0143592_8104161.jpg マハタ料理のの真骨頂、マハタ鍋。アラ鍋やクエ鍋がおいしいことは有名だが、マハタ鍋も相当美味だ。切り身を入れただけでもすごい出汁が出る。上品な脂とほろほろの身、ゼラチン質の皮。一口食べる度にヒャー旨い!と大騒ぎ。

 作り方は普通の鍋と同じ。土鍋に水と昆布を入れてしばらく置き、火にかける。頭や中骨などのアラをを使う場合は、一度湯引きしたものを水から入れる。魚にほぼ火が通ったら豆腐や野菜を加え、火が通ればOK。ポン酢に大根おろし、柚子胡椒、万能ネギを添えていただく。

 今回は、これに加えてアマダイの外道、オニカサゴを薄く切ってしゃぶしゃぶに。オニカサゴも鍋にすると猛烈においしい魚だ。これをマハタの出汁で食べるのだから、罰があたりそうなくらいおいしい。さらに、船宿からお土産にいただいた生ワカメをさっと湯がいたものを、これもしゃぶしゃぶで。やわらかくて最高だ。

d0143592_9361088.jpg さて、おいしい鍋の最後は雑炊。出汁を濾して土鍋に戻し、少し残しておいたオニカサゴの身を加え、沸騰したらさっと洗って粘りを除いたご飯を加えてお玉の背でそっとならす。塩少々で調味し、火を止めてから溶き卵をまわし入れ、数秒待ってから混ぜる。万能ネギの小口切りともみのりを添えて。マハタにオニカサゴの出汁が加わって、まさに滋味。身体も心もほかほかだ。

 普段は鍋に魚のアラも加えて出汁にするが、今回はオニカサゴのしゃぶしゃぶも兼ねていたのでアラは入れず。後日、中骨は潮汁に、頭は二つ割にしてカサゴと一緒に煮付けた。このところ、煮魚の甘みは宮崎の黒砂糖、さとねりを使っている。熊本の赤酒も少々加えて、こっくり味の煮汁がたまらなく美味。とても捨てられない。家庭料理の達人を真似て、これでおからを炊こう
by abukamo | 2009-02-19 10:00 | 魚料理 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://abukamo.exblog.jp/tb/9361196
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by chiroru-pu at 2009-02-19 16:53
九州に「マハタの女」というお菓子があったような(それは「博多の女」)
いやあ実にウマそうです。脂のノリはどうなんでしょうか。うちは胃袋の
配分が出来ない人ばかりなので「鍋の最後の雑炊」が出来ない(笑)
もう鍋だけですでに満腹、土鍋は空っぽ。ああ。この雑炊だけでも
佐川急便で送っていただきたい程に。煮付けも良いですね。頑張って
身を外して、煮汁と共にご飯にバッサー。ワシワシ。ワイルドに食べたいです。
ごるご(夫)が漁師やってた頃にabukamoさんと出会いたかったわあ~
Commented by mrs-jasmine at 2009-02-19 17:52
こんにちは。^^
お魚メインのお鍋っていいおだしが出て、
しかもそれがとても繊細で…。
とってもおいしいですよね。
ほっとする味わいとはこのこと。。
お雑炊がなんともおいしそうです!!
ふんわり卵が~、あぁ食べたい。^^
そういえば今年の冬はあまりお鍋しませんでした。
食べおさめに魚すきいいですね♪
Commented by abukamo at 2009-02-20 07:22
ちろるさん、どうも!^^
え!ごるご様が漁師をなさってたってほんとですか!?
わー、かっこいい。*^o^* で、漁師からスナイパーに転職、と(違)

映画にもありますよね「マハタの女」(それは「マルタの女」)
「博多の女(ひと)」は懐かしいです。大正ロマン風なCMも(あれは九州ローカルかな)。もう久しく食べてませんが…

マハタは脂のってましたよ。ギトギトではなく、上品な脂が。鍋にもアラ煮の煮汁にも小さい脂の玉が浮いてました。いい味でしたぁ。
雑炊は宅配で送ったら、そちらに着く頃には違うものになっていそうなのでやめておきます。
Commented by abukamo at 2009-02-20 07:43
ジャスミンさん、どうも!
うちは魚の鍋はしょっちゅうやってますが、ハタ類は格別おいしいですね。
ゴツい顔してますが、味は繊細。骨からも身からも良い出汁が出ます。
今回アラを入れない鍋にしましたが、それでも出汁が効いてたうえ、
骨を気にせずに食べられました。
ふだんは骨付き魚も平気なうちのだんなですが、残業が続いて夕食が深夜になると、
さすがに骨のない魚を所望されます。^^;
そういうときには切り身だけの鍋も良いですね。

雑炊もおいしいですが、うどんも良いですよ。コシのある乾麺をゆでて、
鍋の最後に入れ、味噌味で食べるとこれがまた…^q^

あ、魚すき良いですね!そういえば久しくやってないです。
うちも近いうちにやってみます。^^
Commented by abukamo at 2009-02-20 18:08
ま、間違えた。「マルサの女」だった… =_=
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< オニカサゴの兜汁 マハタ ~ 刺身編 >>