釣りと魚料理
by abukamo
カテゴリ
全体
はじめに
あぶかもについて
釣り
魚料理
料理ノート
おしらせ
カテゴリなし
以前の記事
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
more...
タグ
(70)
(30)
(28)
(26)
(25)
(25)
(25)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(15)
(14)
(13)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)
(1)
検索
最新のトラックバック
炙りしめサバ寿司
from イルンに居るんデス
あぶかもさんちのカツオ料理。
from エーゲ海のひとりごと。
ここ最近食べていたもの。
from 酒とコーギーと男と女
イカと格闘!!
from 小確幸探し
鯖寿司
from 旦那の夕餉
海鮮シュウマイの夜。
from なまけものってすごい......
パスタVOL..2
from パスタ
神茂のおでん
from 酒とコーギーと男と女
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
フォロー中のブログ
OKANの素
酒とコーギーと男と女
おかしな生活
HanaTayori
60年後のロミオとジュリエット
プランタゴな毎日 pla...
美しき因果応報
三文釣師の釣行記とか
ツジメシ。プロダクトデザ...
続*ジャスミンの料理手帖 
en´s Active...
旦那の夕餉
エーゲ海のひとりごと。
外部リンク
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
谷中生姜 フリッターと塩麹豚肉巻き
d0143592_844951.jpg
photo:だんな

d0143592_8453477.jpg 初夏の味、谷中生姜。昨年も紹介したのは我が家の定番料理、豚肉巻きのフリッター(「酒菜 居酒屋の料理476 」より)。

 4月下旬ごろになるとスーパーに並ぶ谷中生姜は、根っこの部分しか食べられないが、必ず茎と葉がついて売っている。料理していると、若い生姜の香りが台所いっぱいに広がり、すがすがしい気分になる。

 豚肉巻きのフリッターの詳しい作り方は昨年紹介したとおり。谷中生姜は茎の部分を持って揚げるので、しっかりした茎のついたものだけを使う(茎のやわらかいものは、みそをつけて生でどうぞ)。根っこ部分の皮をスプーンでこそぎ、塩胡椒した豚ロース肉を巻きつける。揚げ油の高さを考えて肉を巻く長さを加減すること。また、あまり肉をたくさん巻くと、揚げる時間がかかり、生姜のみずみずしさが失われるのでご注意を。

 これを、天ぷら粉をビールで溶いて塩少々を加えた衣につけて揚げる。天ぷら粉を使わないなら、強力粉を同量のビールで溶き、サラダ油、塩を少々加えた衣でも良い。

 谷中生姜と豚肉でもう一品。今回はフリッターで余った豚ロースを使ったが、もっとガッツリいきたければ、バラ肉薄切りが良い。

d0143592_8571671.jpg 谷中生姜の下ごしらえをし、茎はフライパンに入る長さに切っておく。豚肉は塩麹をさらっと塗り、30分ほど置いておく。これをフリッター同様、谷中生姜に巻きつけてフライパンで焼くだけ。塩麹は焦げやすいので、火加減に注意のこと。

 塩麹は脂と相性が良い上、焼くと麹の香ばしい香りがする。なので、もっとおいしくしたければ、フライパンではなく魚焼きグリルで焼くと良い。弱火で両面焼いて中までしっかり火を通す。茎の部分は焦げないようにアルミホイルを乗せると良い。

  味はといえば、塩豚をバーベキューにしたときの、あの旨味としょっぱさに谷中生姜のさわやかさ、麹の香りとまろやかさが加わるといえば、おわかりになる方も多いだろう。レモンを添えて、召し上がれ。
by abukamo | 2009-05-14 09:40 | 料理ノート | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://abukamo.exblog.jp/tb/9724560
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nao-nokoto at 2009-05-14 09:52
なんだか、見てるだけで嬉しくなりますね~^^
これもおいしそう♪ 谷中生姜って、こちらではなかなか手に入りそうも無いですけど、機会があったら作ってみたいです。
Commented by abukamo at 2009-05-14 14:39
>nao-nokotoさん

谷中生姜、わたしも関東に嫁に来てはじめて生を見ました。
九州では瓶詰の「はじかみ」しか売ってませんでしたよね。
ところが、去年の記事に福岡の友人がコメントくれて知ったのですが、
最近は福岡あたりでも売ってるらしいんですよ。
お店によっては長崎でも売ってるかもしれませんね。

フリッターは見た目が面白くて美味しいので、おもてなしにも良いですよ~。^^
Commented by chiroru-pu at 2009-05-14 17:09
人のフリッター見て 我がフリッター直せ

うーん。なにやらとっても可愛いのだ。フリッターなら軽くていいですよね。
じゃ私は神戸牛をギュウギュウ巻いて焼いてみます(見栄晴)
Commented by abukamo at 2009-05-14 18:27
>ちろるさん

クマに出会って死んだフリッター(たぶん喰われます)

神戸牛、ぜひステーキ肉でいってみてください。
新しい味の境地が開け…(ないない)
Commented by 姉御 at 2009-05-15 15:30 x
はじめまして
いつも、あぁ私にも釣った魚をこんなにおいしく調理してくれる人がいたらなぁ~とうらやましく拝見させていただいてます。

谷中しょうがはみそ付けて食べるしかなかったので、目からいわしのうろこでした。

塩麹をやっとこ今年手に入れました。
そして、やっとこ「イカ釣り」から開放された外房で釣った鯵を塩麹で開きにするのが今から楽しみです。
釣りの帰り道の直売所で谷中しょうがあったらいいなぁ~♪
Commented by abukamo at 2009-05-15 19:00
>姉御さん

ようこぞ、いらっしゃいまし!コメントありがとうございます。^^
だいぶ前つりなびのBBSでお見かけしたことがあったような…
(盛川さんとは知り合いなので。違ってたらすみませんです^^;)

外房で釣りをされてるのですね。うちは東京湾と相模湾がメインです。
料理してくれる人が欲しいのはよくわかります。朝早く出て帰ってきたら
魚さばくのがやっとで、それから料理して食べるのは大変でしょう。
というわけで、最近はわたしは釣りより料理に比重をおくようになって
しまいました。だんなと分業制です。^^;

塩麹、良いですよ~。釣りをする人はきっと重宝すると思います。
脂ののった鯵の開きにはピッタシです。
使い方どんどん開拓して、ぜひ教えてください。
今後ともよろしくお願いします。^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 砂肝の塩麹焼き みそきゅう >>