釣りと魚料理
by abukamo
カテゴリ
全体
はじめに
あぶかもについて
釣り
魚料理
料理ノート
おしらせ
カテゴリなし
以前の記事
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
more...
タグ
(70)
(30)
(28)
(26)
(25)
(25)
(25)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(15)
(14)
(13)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)
(1)
検索
最新のトラックバック
炙りしめサバ寿司
from イルンに居るんデス
あぶかもさんちのカツオ料理。
from エーゲ海のひとりごと。
ここ最近食べていたもの。
from 酒とコーギーと男と女
イカと格闘!!
from 小確幸探し
鯖寿司
from 旦那の夕餉
海鮮シュウマイの夜。
from なまけものってすごい......
パスタVOL..2
from パスタ
神茂のおでん
from 酒とコーギーと男と女
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
フォロー中のブログ
OKANの素
酒とコーギーと男と女
おかしな生活
HanaTayori
60年後のロミオとジュリエット
プランタゴな毎日 pla...
美しき因果応報
三文釣師の釣行記とか
ツジメシ。プロダクトデザ...
続*ジャスミンの料理手帖 
en´s Active...
旦那の夕餉
エーゲ海のひとりごと。
外部リンク
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
季節感無視 アカハタの朴葉焼き
d0143592_14225273.jpg
photo:だんな

 先々週、種子島に遠征しただんな。今年は残念ながら不発に終わったらしい。数日後、なんとか釣ったアカハタがカチンコチンに冷凍されて船宿から届いた。まるごと冷凍なので刺身には向かないが、ハタ系の魚は煮物、揚げ物、蒸し物、鍋物にするとかなりおいしい。

d0143592_14401999.jpg そして、この週末。買い物にでかけただんな。こちらは大漁だ!最大直径10cmもある椎茸7個を250円で買ってきた。肉厚でおいしそう。もちろん国産(魚沼きのこ)。
 他にもゴーヤ、ズッキーニをいずれも98円で。まったく、お嫁にもらいたいくらいの買い物上手だ。

 さて、魚、椎茸、そして冷蔵庫においしい味噌がある。そこで、年末に買って使ってなかった乾燥朴葉を使って朴葉焼きを作ることにした。季節感がまったくないのはご容赦ください。また、火を通したものはちょっと見栄えが悪くなってしまったので、一番上の画像(3番目も)は焼く前のものです。

d0143592_14425830.jpg 朴葉2枚は1時間水につけてもどす。

 味噌を合わせる。小鍋に味噌75gを入れ、みりん大さじ1、砂糖大さじ1.5、酒少々、ネギと生姜のみじん切り適量を加えてよく混ぜ、火にかける。弱火で練り、よく砂糖を溶かす。白ゴマを加え、火からおろす。

 具材を用意する。魚は薄い切り身にする。アカハタは少々火通りが悪そうなので、さっと湯引き。グリーンアスパラ、椎茸は食べやすい大きさに切り、しめじは小房に分けて酒をふる。

d0143592_1814137.jpg もどした朴葉の表面を拭き、味噌を塗る。魚、野菜などをもりつけ、味噌を少しかける。真中に卵黄を乗せるスペースを空けておくとよい。

 朴葉全体をアルミホイルでおおい、魚焼きグリルで15分ほど焼く。おいしそうな匂いがしたら一度取り出し、卵黄を乗せて再びアルミでおおってグリルにもどす。2分程度すればできあがり。

 実は今回、朴葉の香りを確認するために、一皿は朴葉、もう一皿はアルミホイルに直接味噌を塗って作ってみた。アルミホイルできっちりおおって加熱したからか、残念ながら味噌に朴葉の香りはあまり移っていなかった。これは焼き方にも問題があるのだろうか。アルミホイルなら魚焼きグリルで良いが、朴葉はフライパン、もしくはホットプレートのほうが良さそうな気がする。

 だが、おいしい味噌に卵黄がまざり、具材と一緒に食べるとかなり美味。きのこは一瞬で売り切れだ。魚は正直言ってもう少し身のやわらかいものが合うと思う。アカハタは湯引き+蒸し焼きするには身も皮も硬すぎるので、こういう料理には向かない。

 以上をふまえ、秋に再挑戦します。
by abukamo | 2009-05-25 18:48 | 魚料理 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://abukamo.exblog.jp/tb/9774067
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 壽丸 at 2009-05-26 05:26 x
がーーーん、昨日作った料理、偶然にもリスペクトするあぶかもさんと
趣向が完全にかぶりました!
こんなことって在るんですね~
記事を書く前に、確認しようと来てみてビックリ(笑)
見えない糸かなにか不思議な電波で脳みそが繋がっているのでしょうか???

もちろん、出来た料理はあぶかもさんのほうが百倍美味しそうですが(笑)
Commented by abukamo at 2009-05-26 07:46
>壽丸さん

今、拝見してきました!いやーびっくり。
まさか生の朴葉を使っておられたとは。うらやましー!
塩麹、お気に召したようで、よかったよかった。
読みながら感激でうるっときましたよ。(涙もろいのはトシのせいか)
ちなみに、朴葉焼きには絶対アイナメのほうが合いますね!

見えない糸か電波か脳味噌つながりか…それはきっと全部でしょう。
釣り人の縁は濃ゆーいのです。^^
Commented by nao-nokoto at 2009-05-26 10:13
コメント拝見しててうずくことしきりで、私も不思議と、リンクしてるブロガーさんと前日食べた物が被ってたりとか何度もありました~^^

それにしても、朴葉を使うなんていいですね。これまた、お酒にも良し、ご飯もすすみそう!^^
Commented by abukamo at 2009-05-26 14:29
>nao-nokotoさん

ほんと、不思議ですね。まぁ季節のものがかぶるのはわかるんですが
この時期に朴葉でかぶるとは夢にも思いませんでした。^^
(壽丸さんはフレッシュ、わたしは乾燥ものだったけど)

朴葉味噌、これご飯に合いますよ!おいしい味噌で作ると、
葉っぱまでなめたくなるほど。
魚がなければ肉でも、キノコやネギ類だけで作ってもおいしいと
思います。^^
Commented by lcuky at 2009-05-26 21:49 x
朴葉、いいですよね~!埼玉にいた時、馴染みのお店でよく、
「朴葉味噌」をお願いして、まさに葉っぱまでなめる勢いでした。
素晴らしい食材ですね♪
しかし、秋まで待たずとも魅力的なお料理・・・。
手打ち麺をつづらに詰めこんで背負ってお邪魔したいです(^^
Commented by abukamo at 2009-05-26 23:45
>lcukyさん

手打ち麺背負ってきてくれるなら、あの豚骨スープも忘れずに♪

わたしは外で食べたことないんですよ、朴葉味噌。
残念ながら今回は朴葉の香りがあまりしませんでした。
しかし、焼いた味噌のおいしさは堪能しました。
生の朴葉、どっかに生えてないかな~。

で。すばらしい食材がまた本日届きました。
ほとんどレストランの仕入れレベルの量です。
いやもう、幸せすぎ。そして、食べ過ぎ。
Commented by eight-b at 2009-05-27 17:07
なんて皆さまレベルが高いんだろう。
えーと、お豆の散歩道に朴の木がありまして
いつかこの葉っぱで・・・
と十年くらい思いつめてます(笑)。
壽丸さんの生の朴葉使いも目からうろこです。
もう美味しいものだらけでいやになっちゃうね(笑)
Commented by abukamo at 2009-05-27 20:51
>ふぐさん

ふぐさんも朴の木ねらってたんですねー。
しかも十年も、とはけっこうな奥手ですね(ってことにしとこ^^;)

わたしは朴の木がどれだかみつけられないので、
昨日ネットの画像で葉っぱと木の様子を確認し、
今日さっそく似たのを見つけました。
でも、それは警察署の敷地内。
もしほんとに朴の木でも、さすがにもぎれません。^^;;
Commented by yamatogokoro-mi at 2009-05-28 17:38
うをーーー!素敵~♡
我が家の朴葉はきのこの季節の時ばかりです。
残り2枚になり(お土産げでいただいた物)要朴葉補充です。

キレイで大きな朴葉って高いとこのが多いんですよね。
タカ枝切りばさみ持参して警察官に採って貰いましょう♡
Commented by abukamo at 2009-05-28 23:40
>かあちゃん

きのこと朴葉味噌、合いますねー!
朴葉、どこに売っているのかと何年もさがしたあげく、年末に
富澤商店のサイトで見つけて買いました。
こないだ横浜そごうの富澤商店でも見かけました。
でも、生は売ってないなー、生は。-_-

高枝ばさみ持って警察署をウロウロしてたら、それだけで
挙動不審者でパクられると思います。=_=
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 白と青の饗宴 干しタケノコで作るメンマ(もどき) >>