釣りと魚料理
by abukamo
カテゴリ
全体
はじめに
あぶかもについて
釣り
魚料理
料理ノート
おしらせ
カテゴリなし
以前の記事
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
more...
タグ
(70)
(30)
(28)
(26)
(25)
(25)
(25)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(15)
(14)
(13)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)
(1)
検索
最新のトラックバック
炙りしめサバ寿司
from イルンに居るんデス
あぶかもさんちのカツオ料理。
from エーゲ海のひとりごと。
ここ最近食べていたもの。
from 酒とコーギーと男と女
イカと格闘!!
from 小確幸探し
鯖寿司
from 旦那の夕餉
海鮮シュウマイの夜。
from なまけものってすごい......
パスタVOL..2
from パスタ
神茂のおでん
from 酒とコーギーと男と女
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
フォロー中のブログ
OKANの素
酒とコーギーと男と女
おかしな生活
HanaTayori
60年後のロミオとジュリエット
プランタゴな毎日 pla...
美しき因果応報
三文釣師の釣行記とか
ツジメシ。プロダクトデザ...
続*ジャスミンの料理手帖 
en´s Active...
旦那の夕餉
エーゲ海のひとりごと。
外部リンク
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
博多帰省2010秋 ~糸島篇~
d0143592_17323233.jpg
photo:だんな

 長らく更新が途絶えてしまいました。
 義母は日々回復に向かっており、リハビリで歩行訓練、自分で食事をとれるまでになってきました。ご心配いただいた皆様、お見舞いの言葉をくださった方々に感謝いたします。
 手術からまだ一ヶ月、入院・闘病はまだしばらく続きますが、今後も義父を中心に、義弟一家とともに義母のケアに努めたいと思っています。




 さて、中断していた里帰りレポート、糸島篇。3ヶ月も経ってしまって今さらな感もあるが、ケジメとしてざざっと報告しておこう。

 箱崎ツアーの翌日向かったのは、福岡市西区宮浦。通称唐泊(からどまり)、糸島半島の入り口だ。唐泊は近年カキ養殖が盛んになっており、「恵比寿かき」として福岡市民に親しまれている。あまりにも身近な場所なので、以前「本当においしいのか?」と期待半ばで食べてみたら、これが予想に反してかなり美味。味が濃く安全性も高いということで、カキ小屋はいつも満員、魚介好きな博多っ子に大人気だ。

 カキ小屋は懐かしの福岡市海づり公園のすぐそば。この日はプレ・オープンとのことで、まだ人出も少なかろうと目論んで、とうちゃん、ぐっしーという友人二人と現場で待ち合わせ。
 ぐっしーは夫婦して一年の半分をニュージーランドのロトルア湖近くに住み、「ライナスコテージ」という貸別荘を営んでいる。そしてオフシーズンの半年を糸島半島で暮らしている。日本にいる間にわたしの帰省が重なったとき、数年に一度会うのだが、いつも明るくノリノリで真面目。本当に良い人だ。ご主人も釣りやアウトドア、ワイン、料理に詳しい好人物である。

d0143592_19121171.jpg さて、そんな友人ら、だんなとともにいざカキ小屋へ。目論見通り、人はまだそれほど多くなかったが、小屋の中は炭火でかなり暖かい。


d0143592_19162545.jpgとりあえずカキ1kgと炭火、カキむきナイフ、カキ飯、飲み物などを購入して席につくと、小屋の人がカンカンにおこした炭をセットしてくれる。


d0143592_19191034.jpgすぐさま網にカキを並べ、開いたところをナイフでこじ開け、レモンをちゅっと絞って口に運ぶ。

d0143592_1925558.jpgプリプリのカキ、滋味あふるるスープ。うっまーい!なんじゃこりゃ。だんなはビール、我々女性陣は全員ノンアルコールビール(車の運転があるので)を片手に食べる食べる。1kg追加してもあっという間。さらに1kg追加、満腹になるまで焼き、食べ尽くす。実家にお土産のカキを買い、小屋を出た。さて、これからどうしようか?



一応釣り道具は車に積んできたが、あいにく風波が強く、陸っぱり釣りは厳しい。するとグッシーが良いところがあると言う。「またいちの塩」という玄界灘の海水で塩を作っている、その名も「工房とったん」。よっしゃ行く行く!

d0143592_202935.jpgナビを頼りに車3台を連ねて糸島半島を横断。製塩所「工房とったん」はその名の通り糸島半島の西の突端にあった。


d0143592_2036325.jpgまたいちの塩は玄界灘の海水を引いて流下式塩田で濃縮させ、釜で炊き上げ、杉樽で寝かせて作られる。なんでも以前ANAの機内誌「翼の王国」の人気連載「おべんとうの時間」の取材を受けたらしく、この工房には全国から人が訪れるという。


d0143592_20323398.jpg工房の代表者、平川氏の父上が詳しく塩田の説明をしてくれた。流下式塩田は海から引き込んだ海水を竹の枝をつたって落とし、日光と風の力で濃縮させる。木材と竹で作られた塩田は原始的だが、糸島の海と空を背景に美しい佇まいだ。


d0143592_20392472.jpg工房内ではまたいちの塩の他、にがりや塩釜ゆで玉子(売切れ)、塩プリンなどが販売されている。なに?塩プリン?それはぜひとも食べねばなるまい。おじさーん、塩プリン4つ!


d0143592_2045212.jpgプリン好きの男女4名、海を眺めつつ塩プリンを食す。


d0143592_20504959.jpg別添のカラメルとまたいちの塩をかけ、よく混ぜて食べると、濃厚プリンのところどころで塩がカリッ!と弾ける。甘くて塩っぱくて最高だ。


d0143592_20562353.jpg塩プリンを食べ、海っぺりでのんびりしていると、風が強いこともあって段々身体が冷えてきた。おじさんがここで育てたレモングラスのお茶を竹筒に入れてだしてくれた。おお、あったまるねぇ。さぁ、日も暮れてきたことだし、またいちの塩を買ってそろそろ帰ろうかね。




おっと、帰る前に糸島の産直に寄ってみようよ。グッシーの案内でJA糸島の産直市場「 伊都菜彩」へ。閉店間際に滑りこむ。
帰省中、あちこちの産直に行ったが、ここは品揃えがピカイチ。海の幸山の幸が豊富な糸島、食材はもちろん菓子類などの加工品もたくさん売っている。またいちの塩もあった。

d0143592_2116463.jpgここでだんなが目を付けたのが鮮魚売り場のシブダイ コショウダイ。これうまいんだよな、と1尾お買い上げ。実家に帰ってすぐにおろし、刺身で食べた。脂のノリはいまひとつだったが、さすがコショウダイ、甘くておいしい。お土産の恵比寿カキも焼いて、母のお煮しめや鶏料理などで豪勢な食卓。両親も大喜びだった。



以上で帰省報告はおしまい。長らくお付き合いいただき、ありがとうございました。
さて、次はクリスマスのアイシング・クッキー詳細へと続きます。
# by abukamo | 2011-01-31 21:38 | 料理ノート | Trackback | Comments(8)
博多ぶり雑煮 &お知らせ
d0143592_565461.jpg
photo:だんな

あけまして おめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

年始早々ですが、ちょっとお知らせがあります。
実は年末ぎりぎりに義母が脳内出血で倒れて緊急入院。手術は成功したものの、まだICUに入っていて、予後はどうなるかわかりません。

結婚以来、義母とは嫁姑の確執もなく、こうなってみると思い出されるのは義母の良い面ばかり。可愛がってもらってきたのだなぁと改めて思い知る日々です。だんな、弟一家とともに義父を支え、なんとかこの危機を乗り切りたいと思っています。
そんな状態なので、ブログの更新が途絶えたり、コメントへのレスポンスが遅くなることもあろうかと思います。どうぞご了承ください。

こういうときだからこそ、普段の自分に立ち戻れるブログという場を持っていて良かったとも思います。今後も出来る限り皆さまとの料理を通したおつきあいをお願いできればと思っています。どうぞよろしくお願いします。




 さて、そんな騒動の中、なんとか作った博多ぶり雑煮(上画像)。

 ぶり雑煮に欠かせないかつお菜は博多の叔父が栽培して送ってくれたもの。塩ぶりは10月にだんなが釣ったわらさ(塩をふって熟成、冷凍したもの)。そして、友人にいただいた大分の立派などんこ。

d0143592_5571813.jpg だしは椒房庵茅の舎(かやのや)だしを使用。焼きあご入りで無添加、旨味のあるおいしいだしがとれる。塩も控えめなので、好みの味つけができるところもうれしい。
 今回のぶり雑煮には400cc強の水にだし(パック)1袋を加えて火にかけ、沸騰後火を弱めて1~2分でだしを取り出し、塩小さじ1/2弱、酒少々で味をつけた。

 また、このだしを濃いめにとって煮ものなどに使うと、とてもおいしく出来る。天然の良い素材を使っているので、袋から出して炒めものなどに直接加えても良い。値段は少々高いが、手軽に良いだしがとりたい方にはおすすめだ。
# by abukamo | 2011-01-04 06:53 | おしらせ | Trackback | Comments(12)
Merry Christmas !
d0143592_2303898.jpg

photo:だんな

 メリー・クリスマス!

 糸島篇の前にちょっとだけ。クリスマス用に作ったアイシング・クッキーです。一昨年に続き二度目の挑戦。アイシングのアウトラインは相変わらずヘタですが、ほんの少しコツを得たかも。詳しいお話はまた後日紹介します。
# by abukamo | 2010-12-25 23:10 | 料理ノート | Trackback | Comments(10)
博多帰省2010秋 ~箱崎篇 その2~
d0143592_14345317.jpg
photo:だんな

 箱崎篇つづきです。

d0143592_18455230.jpg近頃、筥崎宮の周辺は町屋をリフォームした店が増えているらしい。どの店もちょっと入ってみたくなるような良い雰囲気だ。

d0143592_18461377.jpgさて、待望の屋台・花山に到着。屋台とはいえ二棟あって、結構しっかりした造りだ。それでも毎日解体し、組み立てているらしい。

d0143592_18462336.jpg友人とうちゃんは花山の大将と顔なじみだ。ということで、注文はとうちゃんにお任せ。花山は焼きとりが自慢の屋台なので、いろいろみつくろって焼いてもらう。炭火で焼いた焼きとりは七輪に乗せて供される。
うわぁ、おいしそう!

d0143592_18463277.jpg花山名物のホルモン焼き、白。香ばしくほどよい歯ごたえ、あっさり塩味でかなり美味。いくらでも食べられそう。
ここでゴトウさんとお友達が到着。L字に並んで飲み喰いしつつ、主に酒の肴の話で盛り上がる。

d0143592_18464343.jpg店のお兄さんが焼きとりを焼く傍らで何やら鉄鍋がふつふつと煮えたぎっている。何を作っているのかと尋ねたら、海水を炊いて塩を作っているとのこと。花山で使う塩は津屋崎の海水を煮詰めて作ったものらしい。

d0143592_18465443.jpgそういえば夕方店の前を通ったときに見た「あの鳥」というナゾの幟は何だろう。注文してみよう。

d0143592_184749.jpg出てきたのは鳥胸肉の燻製。皮がぱりぱり、肉はジューシーで美味。どうやらここの大将はかなり探究心旺盛な人らしい。そんな大将の人柄も人気のようだ。花山は活気のある良い店だ。






 あれこれ食べて「そろそろ〆のラーメンを」ということに。半ラーメンで良いよね、と言うと全員シラーッとして返事がない。「…じゃ、全員普通のラーメンで」。スープにこだわっているらしく、とんこつなのに後味さっぱり。おいしいラーメンだった。全員完食。

 満腹で店を出て、解散。わたしにとって原風景でもある懐かしい箱崎は、今でもやっぱり良い町だった。ゴトウさん、楽しかったです。またお会いしましょう。

 さて、次は糸島篇です。
# by abukamo | 2010-12-16 15:47 | 料理ノート | Trackback | Comments(8)
博多帰省2010秋 ~箱崎篇 その1~
d0143592_816225.jpg
photo:だんな

 私は正義感の強い子供だった。いじめられて泣いている子を後ろ手にかばい、いじめっ子の前に立ちふさがった。敵が大人数でも、口の立つ子に理屈で押されても引かなかった。

 そんな正義漢気取りの幼稚園時代を過ごした町、箱崎。日本三大八幡宮のひとつ、筥崎宮があり、毎年9月に催される放生会(ほうじょうや)という祭りには長い参道の両側にぎっしりと露天が並ぶ。広い参道と細い路地、町屋が混在する、昔ながらの雰囲気を残した町である。

 今回の箱崎めぐりの目的はふたつあった。
 ひとつは野菜ソムリエとして活躍されているゴトウタカコさんのベーグル工房&料理教室のベジキッチン(通商ハコベジ)が箱崎にある。ここでゴトウさんのお野菜ベーグルを買うこと。
 もうひとつはt-iwakoshiさんがブログで紹介されていた屋台、花山へ行くこと。

d0143592_18432670.jpgまず、JR箱崎駅近くのベジキッチンへ。筥崎ベーグルの幟があったのですぐわかった。

d0143592_1843509.jpgおしゃれなマンション1階のブックス・キューブリックに入り、吹き抜けの螺旋階段から2階に上がるとおしゃれなカフェが。その一角にベーグルを販売しているコーナーがある。その奥がベジキッチンだ。ゴトウさんとはブログを通じて知り合い、ベーグルと魚を物々交換すること数回。もともとベーグルは好きだが、ゴトウさんのベーグルはちょっと他のベーグルと同列には語れない。

d0143592_18441231.jpgベーグルの良い写真が撮れていなくて申し訳ない。このベーグル、さっと水にくぐらせてこんがりと焼き戻すと、割っただけで野菜の香りがぱっと広がる。表面はパリッと中はもちもち。なんという豊かな味。「あぁ、今わたしは良いものを食べているな」としみじみ感じる。
と、その感動はここでは書ききれないので、後日改めて記事にしたいと思っている。

d0143592_1844065.jpgはじめてお会いするゴトウさんはベーグル同様とても素敵な方だった。予約していたベーグルを買い、夜、花山でご一緒しましょうと約束して店を出る。

d0143592_23512038.jpg筥崎宮の前で友人とうちゃんと落ち合い、昔何度か行った喫茶「肯否店 小石原」へ。ところがあったはずの店がない。たしかこのあたり、と思ったところは更地になっている。後で調べてみたら、今年4月に閉店されて、建物も取り壊された後だったようだ。懐かしい店で熱いコーヒーを一杯、という思惑がはずれて残念無念。

d0143592_18445279.jpgとうちゃんが「博多曲物に行ってみる?」
馬出(まいだし)の柴田徳商店へ向かう。店はまだ営業中のようだが鍵が閉まっている。インターホンを押すと、店主らしきおじいさんが開けてくれた。

d0143592_18451197.jpg博多曲物はもともと筥崎宮に納められる祭事用の神具として作られ、その後庶民の器として親しまれ続けてきた。店主の柴田徳五郎氏は福岡市無形文化財保持者の指定を受け、モミの樹を使った曲物でグッドデザインも受賞している(詳しくはコチラの動画参照)。このモミの曲物は本当に美しかった。

d0143592_18452668.jpgこの店の曲物の値段はあくまでも庶民的で、博多の家庭に広く普及している。実家にもこの店の絵つけの曲物があった。
店主の説明を聞きつつ、いろいろ迷った挙句、蓋つきの菓子鉢やコースターなどを購入。
さぁ、そろそろ屋台・花山へ向かおう。

長くなるので続きます。
# by abukamo | 2010-12-16 15:40 | 料理ノート | Trackback | Comments(6)