カテゴリ
全体
はじめに
あぶかもについて
釣り
魚料理
料理ノート
おしらせ
カテゴリなし
以前の記事
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
more...
タグ
(70)
(30)
(28)
(26)
(25)
(25)
(25)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(15)
(14)
(13)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)
(1)
検索
最新のトラックバック
炙りしめサバ寿司
from イルンに居るんデス
あぶかもさんちのカツオ料理。
from エーゲ海のひとりごと。
ここ最近食べていたもの。
from 酒とコーギーと男と女
イカと格闘!!
from 小確幸探し
鯖寿司
from 旦那の夕餉
海鮮シュウマイの夜。
from なまけものってすごい......
パスタVOL..2
from パスタ
神茂のおでん
from 酒とコーギーと男と女
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
フォロー中のブログ
OKANの素
酒と女と修験道 ...
おかしな生活
HanaTayori
60年後のロミオとジュリエット
プランタゴな毎日 pla...
美しき因果応報
三文釣師の釣行記とか
ツジメシ。プロダクトデザ...
続*ジャスミンの料理手帖 
en´s Active...
旦那の夕餉
エーゲ海のひとりごと。
外部リンク
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
法螺貝の刺身
d0143592_1433414.jpg
photo:だんな

 この週末もカツオ釣りに出かけただんな。帰ってきたらクーラーボックスになにやらでっかい貝がゴロンと入っている。「これ何て貝?」「法螺貝」。船頭さんが入れてくれたそうだ。

 法螺貝なんて土産物店くらいでしか見たことがなかったので、食べられるとは知らなかった。調べてみると、刺身でいけるらしい。さっと茹でても良いそうだ。ただし、内臓は食べられない(毒があるらしい)

※追記(2009/09/29);
法螺貝はヒトデを食べるため、内臓(中腸線)にはフグ毒と同じテトロドトキシンが含まれることがあるそうです。内臓は絶対に食べないようにしましょう!
詳しくは→コチラ


 刺身で食べる場合はカナヅチで殻を破壊して中身を取りだす。さらに調べると、逆さまに吊りさげておくと、殻から中身がポロリとはずれるらしい。よし、やってみよう。

d0143592_1756463.jpg 法螺貝の楕円形の蓋にビニールひもをひっかけ、シンクの上のS字フックにぶら下げる。下にボールを置いて中身がはずれるのを待つ。

 10分後、だいぶ出てきた。

 20分後、さらに出てきた。

 30分後、そろそろ落ちてきそうな…。

 しかし、ここで痺れを切らしただんながヒモを引っ張って抜こうとする。ああっ、また貝の中に入ってしまった! こりゃあ相当に力が強そうだ。

 もう一度仕切り直し。だいぶ出てきたところで、今度はわたしが身にナイフをグサ!と刺してひっぱり出そうとする。ここまで来たら容赦なしだ。しかし。

「ぎゃー!」
 なんと、敵(法螺貝)はナイフもろとも貝の中に引きずり込んで行くではないか!
 「ちょっと貸してみろ!」と、だんながすかさずステンレスの菜箸を突っ込む。やっと出てきたと思ったら、途中で身が千切れちゃった。菜箸もぐんにゃり曲がってしまい、あ~ぁと言いながら、残りの身を掻きだす。

d0143592_18415772.jpg 闘い終わってみれば、ズタボロ状態の法螺貝の身(断片)がまな板の上に…。法螺貝も災難だね。こんなことなら素直に茹でればよかったか。
 身の表面は強烈なヌルがあるので、塩もみして洗い、キッチンペーパーでよく拭き取る。表面の赤い皮は苦いらしいので包丁でそぎ取り、薄くスライスしてカツオの刺身とともに盛りつける。

 わさび醤油をつけて食べてみると、コリコリでアワビのような食感、味は結構甘く、かなりおいしい。苦労した甲斐があったね、と最後は笑顔の食卓であった。
by abukamo | 2009-09-28 18:57 | 魚料理
<< カツオのユッケ スキレットで自家製ツナ餃子 >>