カテゴリ
全体
はじめに
あぶかもについて
釣り
魚料理
料理ノート
おしらせ
カテゴリなし
以前の記事
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
more...
タグ
(70)
(30)
(28)
(26)
(25)
(25)
(25)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(15)
(14)
(13)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)
(1)
検索
最新のトラックバック
炙りしめサバ寿司
from イルンに居るんデス
あぶかもさんちのカツオ料理。
from エーゲ海のひとりごと。
ここ最近食べていたもの。
from 酒とコーギーと男と女
イカと格闘!!
from 小確幸探し
鯖寿司
from 旦那の夕餉
海鮮シュウマイの夜。
from なまけものってすごい......
パスタVOL..2
from パスタ
神茂のおでん
from 酒とコーギーと男と女
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
フォロー中のブログ
OKANの素
酒と女と修験道 ...
おかしな生活
HanaTayori
60年後のロミオとジュリエット
プランタゴな毎日 pla...
美しき因果応報
三文釣師の釣行記とか
ツジメシ。プロダクトデザ...
続*ジャスミンの料理手帖 
en´s Active...
旦那の夕餉
エーゲ海のひとりごと。
外部リンク
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
マルイカで作ろう! いかしゅうまい
d0143592_914227.jpg 佐賀の唐津・呼子に「萬坊」というイカ料理専門店がある。この店の名物が、いかしゅうまい。玄界灘で獲れたケンサキイカの胴をすり身にし、いかそうめん状に細く切ったしゅうまいの皮をまぶして蒸した料理だ。

 博多にいた頃、萬坊の工場長がテレビでいかしゅうまいの作り方を紹介しているのを見た。簡単にだが大事なコツを教えてくれたので、しめた!と思った。
 それ以来、イカがたくさん釣れると、度々いかしゅうまいを作っている。アオリイカ、スミイカ、ソデイカで作ったこともある。どれもそれなりに美味しいのだが、本場の味とはどうも違うなぁと思っていた。
 マルイカはケンサキの子供なので、基本的に味は同じはず。ならば作ってみようじゃないの、マルイカで本場のいかしゅうまいを!

 結果。これまでで最も美味しいいかしゅうまいが出来た! ふんわりプリッとした食感、濃厚なイカの味に思わずニンマリ。やっぱりいかしゅうまいはケンサキが一番合うのだ。
 いかしゅうまいはフードプロセッサーを使うと意外と手軽に出来る。イカの量が少なければ、白身魚のすり身やはんぺんを加えてかさ増しすることもできるが、やっぱりイカだけで作る方が断然美味しいと思う。マルイカがたくさん釣れたら、ぜひ混ぜものなしのイカだけで作られることをオススメする。イカ好きならきっと満足のいかしゅうまいが出来るはず。

d0143592_9144133.jpg■材料と作り方:(20個分)
  • マルイカの胴と耳…300g(マルイカの大型8はい分ぐらい)
  • 卵白…1個分
  • 玉ねぎ…中1/2個
  • 生姜…1カケ
  • しゅうまいの皮…2袋(50~60枚)
  • 塩…小さじ1/2
  • 酒…大さじ1
  • ごま油…小さじ1
  • 片栗粉…大さじ1/2
  • 辛子…適量
  • スダチ(好みで)…適量
  1. 玉ねぎはみじん切り、生姜はすりおろして大きめのボールに入れておく。
  2. イカの胴と耳は皮をむく。胴の裾や耳の端っこの赤い部分は切り落としておく。ゲソは使わない。耳、胴の1/4量を粗みじん切りにして玉ねぎのボールにいれておく。
  3. 残りの胴はざっと大きく切り、フードプロセッサにかける。しばらく回してなめらかになったら塩を加えて再び回し、さらに卵白、酒、ごま油、片栗粉を加えてさらに回す。ぷるんとした種ができたら、玉ねぎ等の入ったボールに移して全部をよく合わせる。
  4. しゅうまいの皮をできるだけ細く(2mm幅くらい)切り、乾燥しないようにラップをかける。
  5. 種を大さじ1すくい、しゅうまいの皮をまぶして、こんもりとした形に整える。しゅうまいの皮は厚くなりすぎないように、種がやっと隠れる程度にし、上に少し何本かまとめて乗せるようにすると格好よく出来る。
  6. 蒸し器にクッキングシートを敷き、間隔を十分に空けて並べ、強火で7~8分蒸す。鍋の蓋は斜めにずらしておくと、しゅうまいが水滴で濡れない。
  7. あつあつを器に盛り、しゅうまいの上に箸の先ほどの辛子を乗せる。酢醤油または醤油にスダチを絞ったものを添えていただく。
 調味料が少ないので不安に思われるかもしれないが、イカの味が濃いので、これで十分味がつく。むしろ、これ以上入れるとくどくなってしまうだろう。 

 いかしゅうまいは揚げしゅうまいにしても美味しい(画像一番下)。生のまま揚げると、中身がジューシーでほろっとした食感。一度蒸したものを揚げれば、ムチッとした食感。どちらもパリパリのしゅうまいの皮に合って美味。好みで塩を振り、レモンを添えてどうぞ。あぶかもイチオシの「マルイカで作るいかしゅうまい」。ぜひチャレンジしてみてください。
by abukamo | 2008-06-06 10:38 | 魚料理
<< 煮穴子丼 どーん! マルイカ料理 三品 >>