カテゴリ
全体
はじめに
あぶかもについて
釣り
魚料理
料理ノート
おしらせ
カテゴリなし
以前の記事
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
more...
タグ
(70)
(30)
(28)
(26)
(25)
(25)
(25)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(18)
(15)
(14)
(13)
(11)
(10)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(3)
(3)
(1)
(1)
検索
最新のトラックバック
炙りしめサバ寿司
from イルンに居るんデス
あぶかもさんちのカツオ料理。
from エーゲ海のひとりごと。
ここ最近食べていたもの。
from 酒とコーギーと男と女
イカと格闘!!
from 小確幸探し
鯖寿司
from 旦那の夕餉
海鮮シュウマイの夜。
from なまけものってすごい......
パスタVOL..2
from パスタ
神茂のおでん
from 酒とコーギーと男と女
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
「 伊勢路酒友ゴルフ友四..
from 酒中日記
フォロー中のブログ
OKANの素
酒と女と修験道 ...
おかしな生活
HanaTayori
60年後のロミオとジュリエット
プランタゴな毎日 pla...
美しき因果応報
三文釣師の釣行記とか
ツジメシ。プロダクトデザ...
続*ジャスミンの料理手帖 
en´s Active...
旦那の夕餉
エーゲ海のひとりごと。
外部リンク
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
マハタ ~ 刺身編
d0143592_657139.jpg
photo:だんな

d0143592_782846.jpg 相模湾のイワシメバルに繰り出しただんな。良型メバル数匹と、なぜかカレイやホウボウ、大型カサゴなど豪華な外道が山盛りで、クーラーの中は五目釣りの様相。極めつけは良型のマハタ。若魚の印である縞模様がうっすら残るとはいえ、30cmをゆうに越える良型がイワシメバルの外道で釣れるとは珍しい。水深20mとイワシメバルにしてはやや深めであったからだろうか。

 とにもかくにも高級魚のマハタ、半身はお刺身で、残り半身は鍋でいただくことに。釣れた直後はまだ身も固いので下処理だけ済ませ、冷蔵庫で3日ほど寝かせて熟成させる。やや薄く引いたお刺身はなんとも美しい色。ちょっと盛り付けがグニグニしているが、味は格別だ。


 マハタのお刺身は食感も良く、熟成させた甲斐あって旨みもすごい。さらに、皮と胃袋は湯引きにする。皮はさっと、胃袋はしっかりめに湯引きして、すぐに氷水で締め、細切りに。ポン酢と一味、さらに酢橘を絞っていただく。七味や万能ネギも合う。

 マハタは他のハタと同様、群れではなく単独で行動する魚だ。やや深い岩礁の影に身を潜め、ときには獰猛に餌を襲いつつ、ひっそりと暮らしている。大きくなる魚で、1mを越すような老成魚をカンナギと言う。まさにモンスター、幻の魚だ。大物マニア垂涎の的で、これを狙うカンナギ釣りもあるが、そうめったにあがるわけではない。一生に一度釣れれば御の字だろう。

 という海のロマンに思いを馳せつつ、マハタの刺身に舌鼓。明日は鍋だ~!

d0143592_7265317.jpg

by abukamo | 2009-02-18 08:12 | 魚料理
<< マハタ ~ 鍋編 バレンタインのチョコレートムース >>